よくいただくご質問の検索

  • ※スペースで区切って複数語検索が可能です。
  • キャンペーンの応募方法を教えてください
    実施しているキャンペーンにより応募方法は異なりますので
    キャンペーン専用ページにてご確認ください。
  • 永谷園の商品をインターネットで買うことはできますか?
    Amazon, lohacoにて商品の取扱がございます。
    取り扱い商品についてはこちらのページよりご確認ください。
  • キャラクターカレーとA-labelカレーはどこが違うのですか?
    ・A-labelカレー甘口:5、6歳ごろからお召し上がりいただくことを想定し、キャラクター
    カレーよりも少し辛めの味付けとなっております。   
    ・A-labelカレー中辛:小学校の中学年ごろから大人の方まで幅広い年齢層の方にお召し上がりいただくことを想定し、A-labelカレー甘口よりも辛めの味付けとなっております。
  • キャラクター商品は何歳ごろから食べられますか?
    永谷園のキャラクター商品の対象年齢は以下の通りです。
    あくまでも目安ですので、お子様のご様子を見ながらお与えください。

    ・離乳食が完了していればお召し上がりいただけるもの:アンパンマンふりかけ・お茶づけ・まぜ込みごはんの素
    ・離乳食が完了した1歳ごろからお召し上がりいただけるもの:アンパンマンミニパックカレー・戦隊ミニパックカレー
    ※スパイスを使用しておりますので1歳ごろからを対象年齢としております。
    ・3歳ごろからお召し上がりいただけるもの:戦隊カレー 
    ※ミニパックのカレーよりも具材のサイズが大きく、少し辛めの味付けとなっております。
  • 「ちらし寿司の素」を半分だけ使いました。使い残しは冷蔵庫で保存できますか?冷凍できますか?
    おすすめできません。冷蔵庫でも品質が劣化しますので、必ず使い切ってください。
    具材の食感が悪くなりますので冷凍はお控えください。
  • 一度開封した麺類はどのように保存すればいいですか?
    保存する際は必ず袋の口を輪ゴム等で閉め、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存の上、なるべくお早目にお使いください。
  • 一度開封したホットケーキの素はどのように保存すればいいですか?
    ホットケーキの素は開封後は湿気を吸って傷んだり、虫が涌く場合がございます。
    保存する際は必ず袋の口を輪ゴム等で閉め、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存の上、なるべくお早目にお使いください。
  • 一度開封したふりかけ、おむすびの素など、チャックのついたものはどのように保存すれば良いですか?
    チャック式のふりかけなどを開封された際はしっかりとチャックを閉め、高温・多湿・直射日光を避けお早目にお召し上がりください。
    冷蔵庫内は温度と湿度が低く保たれておりますので、お部屋の温度が気になるようでしたら、冷蔵庫での保管をお勧めします。
  • 「開封後は必ず使い切ってください」とはどういう意味ですか?外袋を開けた後はどのように保存すれば良いですか?
    「開封後」とは、内袋の開封後ということです。
    商品の外装に記載された保存方法で保存し
    中の内袋を開けなければ、賞味期限内はおいしく召し上がれます。
  • 商品に使用しているカラメル色素の種類を教えてください。
    以下の商品にカラメル色素のⅣ類を使用しております。
    (おとなのおむすび炭火焼肉味、おとなのふりかけミニ青春編、やってみたふりかけ牛丼、超ふりかけ焼肉、鶏そぼろ、カレー)

    それ以外の商品にはカラメル色素Ⅰ類を使用しております。
    なお、カラメル色素には健康への影響がないことが各種試験によって確認されておりますので安心してお召し上がりください。
    永谷園ではカラメル色素の使用に際して法規制に従い用途、用量などを適切に守って使用しております。
  • どこの工場で製造していますか?
    こちらのページから製造工場を検索することができます。
    賞味期限の下段に印字されたアルファベットを検索欄に入力していただくことで、製造工場を検索することができます。
  • 海外産の原材料を使っていることが不安です。安全性に問題はないのですか?
    永谷園では海外においても日本国内と同様の基準で管理しておりますので安全性に問題はございません。
    安心してお召し上がりください。
  • 食物アレルギーがあります。どの商品にどのようなアレルゲンが含まれているか確認することはできますか?
    こちらのページから商品に含まれるアレルゲンを確認することができます。
  • 「お茶づけ」を水で作っても大丈夫ですか?
    水でもお召し上がりいただけます。
    永谷園ではお茶づけを夏の暑い時期にもおいしく召し上がっていただくため
    「冷やし茶づけ」として水で作ることをご提案しております。
    お好みで氷を入れるとよりおいしく召し上がれます。 
    アレンジレシピはこちらのページからご参照いただけます。
  • 「大人のカロリミット®みそ汁」は他の「カロリミット®」シリーズと併用できますか?

     併用いただけますが、1日のうちに「大人のカロリミット®(粒)」「カロリミット®(粒)」、「カロリミット®茶」シリーズ、をお召し上がりになる場合は、1回の摂取目安量を

    守り、1日合計3回程度を目安にお召し上がりください。

    組み合わせる場合には、一度にまとめてお召し上がりにならずに、食事のシーンに合わせて、いずれか1つの商品をお摂りください。

     「大人のカロリミット®はとむぎブレンド茶」、「大人のカロリミット®玉露仕立て緑茶プラス」、「大人のカロリミット®すっきり無糖紅茶」、「大人のカロリミット®みそ汁 

    野菜と海藻」の併用については、同時にお摂りいただいても差し支えございません。

     ただし、配合している「 難消化性デキストリン」は一度に多量に摂るとご体調・ご体質によっては、おなかがゆるくなる可能性があります。 
    時間をずらしてお摂りいただくことをおすすめします。併用される際は、ご様子を見ながらお摂りください。

  • 「大人のカロリミット®みそ汁」の「機能性表示食品」とは何ですか?

    「機能性表示食品」とは「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、

    特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)食品です。

    機能性や安全性の根拠などの必要な情報を販売前に消費者庁に登録しています。

  • 永谷園商品を取り扱っているお店は分かりますか?
    各店舗の販売状況によりお取り扱い頂いている商品が異なりますので、
    お近くの店舗様に直接ご確認ください。
  • すし太郎一袋分を使うとき、ご飯は何合炊けば良いですか? 冷ご飯ではだめですか?また、具を温めたりご飯と一緒に炊いても良いですか?
    すし太郎一袋分のご飯の量は1.5合です。ご飯はやや固めに炊いた方がおいしくできあがります。
    冷ごはんをお使いの際は、ラップをせずレンジで温める方が水分が少なくなっておいしく出来上がります。
    ただし、具を温めたりご飯と炊き込むと、酢が飛んでしまい風味が落ちますのでお控えください。
  • 「すし太郎」で作ったちらし寿司をお弁当に持っていっても大丈夫ですか?

    中の具は調理済みですので、ご飯に混ぜてお弁当にお持ちになっても大丈夫です。

    ただし傷みやすい貝類や生の具材は加えないでください。

    容器や手の清潔を保ち、よく冷ましてからお弁当箱に詰めて涼しい場所に保管してください。

  • 食品添加物の影響が心配です。食べても問題ありませんか?

    食品添加物の成分や使用量は『食品衛生法』で厳しく規制されています。

    永谷園ではこうした法律や規制に従って食品添加物を適切に使用しておりますので、安心してお召し上がりください。

  • 酸化防止剤とは何ですか?
    食品における酸化とは、食品が酸素に触れていることで変色したり風味が変質してしまうことを指します。また酸化が進むにつれて食品の栄養成分も失われていきます。
    永谷園ではこうした品質の低下を防ぐため、ビタミンEなどの物質を「酸化防止剤」として使用しています。
    ビタミンEなどは酸化しやすいため、食品の成分よりも先に酸化されることで食品自体の酸化を防ぐ働きがあります。
  • 調味料(アミノ酸等)の「等」とは何ですか?
    調味料は成分によってアミノ酸、核酸、有機酸、無機塩の4種類にグループ分けされており、この内2種類以上のグループを使用した場合、
    主な成分の後に「等」をつけて表示する事になっております。
  • 乳化剤とは何ですか?乳由来のものですか?
    乳成分は含んでいません。
    通常は混ざらない水と油を均一に混ざり合った状態にするために使用しています。
  • 加工でん粉とは何ですか?
    じゃがいもなどから精製されたでん粉に、加熱などの加工処理をしたものです。
    原料や加工の方法によって様々な種類に分けられ、食品に粘りやとろみを与えたり、食感を良くするために使用されています。
  • 乳酸とは何ですか?乳由来のものですか?

    乳由来ではありません。植物由来の添加物です。

    乳酸は食品に酸味を加えたり、日持ちさせるために用いられています。

  • 「永谷園」の社名の由来を教えてください。
    永谷園の祖先は緑茶の製法を編み出した永谷宗七郎(宗円)です。
    株式会社になる以前は「茶舗永谷園」として、お茶の量り売りやグリーンティ、昆布茶といったアイデア商品を開発し、店頭で販売していました。
    昭和27年5月に「お茶づけ海苔」を開発したところ爆発的なヒットになり、これをもってお茶づけの素などを製造販売する会社として昭和28年4月に株式会社を設立いたしました。
    社名を決める際、創業者の永谷嘉男が「重厚感がある、老舗のような風格のある社名にしたい」ということから「株式会社永谷園本舗」とし、その後平成4年10月に現在の社名である「株式会社永谷園」になりました。
  • 永谷園あった「ぶらぶら社員制度」とはなんですか?
    1979年に 「2年間で結果 (新商品のアイディア) を出すこと」 のみを条件に、出社せずに自由に時間を使い、経費も制限無しで自由にやれと、当時の永谷嘉男社長が
    一人の社員に与えた特命です。
    その成果として誕生したのが永谷園独自の商品である「麻婆春雨」で、今日の永谷園の代表的な商品の一つとなっております。
  • 季節限定商品はいつごろ販売しているのですか?
    「春夏限定商品」は3月から9月、「秋冬限定商品」は9月から3月まで販売しております。
    商品によっては販売期間が若干ずれる場合がございますのでお近くの店舗様にご確認ください。
  • 地域限定商品はどこで購入できますか?
    各地域の空港や駅、サービスエリアなどの売店や観光地の土産物屋で販売しておりますほか
    インターネット通販(Amazon, lohaco)でも取り扱いがございます。
    インターネット通販での取り扱い商品についてはこちらのページからご確認ください。
  • 業務用商品を買うことはできますか?
    業務用スーパーの他、Amazon, Lohaco等のインターネット通販で取り扱いがございます。
    インターネット通販での取り扱い商品についてはこちらのページからご確認ください。

  • 賞味期限を過ぎた商品を食べても大丈夫ですか?
    賞味期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるということはございませんが、風味が劣って参りますのでお勧めはできません。
    なるべく賞味期限内にお召し上がりください。
    ※賞味期限とは袋や容器を開けず、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のことを指します。
  • 「高温の場所をさけて保存してください」とパッケージに書いてありますが、高温とは何度以上のことを指しますか?
    高温について永谷園では35度以上を想定しておりますが、加工食品は温度の変化に弱いため冷暗所で保存してください。
    特に生みそは冷蔵庫での保存をおすすめします。
  • 遺伝子組換えの原料は使用していますか?

    永谷園では、みそ、豆腐、油あげなど、表示対象となる食品の原材料は、遺伝子組換えではないものを使用しています。

    詳しくは「遺伝子組替え」のページをご覧ください。

  • 「製造者」と書いてある商品と「販売者」と書いてある商品がありますが、どこが違うのですか?

    製造した工場が永谷園の自社工場であるかどうかで表記が異なります。


    製造者 : 国内の永谷園自社工場で製造した場合

    販売者 : 国内の永谷園グループ工場や協力工場で製造した場合

    輸入者 : 海外で製造した商品を輸入して販売した場合

  • 「あさげ」「ひるげ」「ゆうげ」はどう違うのですか?また、「あさげ」の「げ」とはどういう意味ですか?
    「あさげ」「ひるげ」「ゆうげ」は使用している味噌が異なります。
    「あさげ」は2種類以上の味噌を使った「合わせ味噌」、ひるげは「赤味噌」、「ゆうげ」は白味噌を使っています。
    あさげの「げ」は餉と書きます。「食べ物、食事」を意味する言葉です。
    「あさげ」は朝食、「ひるげ」は昼食、「ゆうげ」は夕食という意味になります。
  • 「米みそ」「麦みそ」「豆みそ」は大豆を使っているのですか?

    永谷園で使用している味噌には全て大豆を使用しております。

  • みその色が赤みを帯びて濃くなっていますが、食べても大丈夫ですか?
    お召し上がりいただいても問題ありません。
    みその色が濃くなっているのは、発酵時の”メイラード反応”によるものです。
    メイラード反応とは、原料である大豆や米(麦)などに由来するアミノ酸と糖が反応してみその色が褐色に変化することをいいます。
    夏場など気温が高い環境では変化が急速に進みますので、冷蔵庫で保存すると風味がより保たれます。
  • 生みそタイプのみそ汁に入っている酒精とは何ですか?
    「酒精」とはエチルアルコールのことで、みその発酵を抑えるために使用します。
    酵母による発酵が進みすぎると、酵母が生産したガス(二酸化炭素)で袋やカップが膨張してしまいます。
    酒精はみその発酵を止め、ガスを抑制するため添加されています。
  • デキストリンとは何ですか?
    「デキストリン」とは、でんぷんを分解して粒子を小さくしたものです。
    永谷園では、各種原材料を混ぜたものを顆粒にするために固める際使用しています。
  • あさりのおみそ汁で、あさりの口が開いていました。食べても大丈夫ですか?
    お召し上がりいただいても問題ありません。
    あさりに熱を加えると口が開きます。
    本商品に使用しているあさりは気密性の高い袋に入れている
    ため口が閉じているように見えますが、封を開けると口が開くものがあります。
  • あさりのおみそ汁に書いてある「あさりなどの二枚貝には、かにが共生しています。」とはどういう意味ですか?
    アサリやハマグリなどの二枚貝には、小さいカクレガニが共生していることがあります。
    身の中にカクレガニが入り込んでいた場合、現在の技術では確実に除去することは困難です。
    最終商品にそのまま混入することがありますので、注意喚起のために表示をしています。
  • 「ホテルニューオータニ ホットケーキミックス」は、ホテルニューオータニ と何か関係があるのですか?
    「ホテルニューオータニ ホットケーキミックス」は1977年(昭和52年)に、初めての洋風の商品としてホテルニューオータニの監修のもと発売されました。
    子供だけでなく大人も満足できるような、高級感のあるホットケーキミックスを目指して開発された商品です。
  • 「ホテルニューオータニホットケーキミックス」は、卵や牛乳を入れずに作れますか?
    卵や牛乳を入れなくても作ることは可能です。牛乳は同量の水などで、卵は約50CCの水などで代用できます。水以外に豆乳やジュースでも作ることができますが、風味やふくらみは変わります。

  • 溶いた状態のホットケーキミックスが余ったのですが、冷蔵しても良いですか?

    牛乳や生卵が入っていますので、長時間おくことはおすすめできません。

    又、混ぜてから時間が経つとベーキングパウダーの作用が弱まり、焼いた時のふくらみが悪くなります。

    焼いてから冷まし、1枚ずつラップできっちり包んで冷凍保存することをおすすめします。

    食べるときにレンジで温める場合は、ラップを軽くかけなおした方がふっくらとなります。

  • 「ホテルニューオータニホットケーキミックス」に使用しているベーキングパウダーは、アルミ成分を含んでいますか?
    ベーキングパウダーにアルミ成分は含まれておりません。
  • 「ホテルニューオータニ ホットケーキミックス」のシロップだけほしいのですが、別売りしてませんか?
    申し訳ありませんが、シロップだけの販売はしておりません。
  • レトルトパウチ食品は温めなくても食べられますか?また、一度温めたレトルトパウチは温めなおしても大丈夫ですか?
    温めなくてもお召し上がりいただけます。
    レトルトパウチの中身は殺菌・調理が済んだ状態ですので、
    開封していなければ、賞味期限内は温めなおしても問題ありません。
    しかし、あまり何度も温めなおすと中の具材がくずれてしまったり風味が落ちたりすることがあります。
  • レトルトパウチ食品を冷凍してしまいました。食べても大丈夫ですか?
    品質上は問題ありませんが、商品によっては食感がやや変わる場合があります。
    作る前に解凍してからお使いください。
  • レトルトパウチ食品を海外にもっていきたいのですが、飛行機に持ち込んでも大丈夫ですか?
    レトルトパウチ食品は、飛行機での気圧の変化にも耐えられるようにつくられています。
    しかし、傷がつくと中身がこぼれる場合がございますので取り扱いにはご注意ください。
  • お茶づけの素のパッケージが歌舞伎の定式幕と似ていますが、理由があるのですか?
    お茶づけ海苔のデザインは、創業者の永谷嘉男が歌舞伎の定式幕からヒントを得て考案したものです。
    「お茶づけ海苔」の文字も、歌舞伎の看板や番付などに用いられる「勘亭流」の書体をアレンジして書かれています。
  • 「隈取りは永谷園の登録商標です」とはどういう意味ですか?
    登録商標とは特許庁に出願、認可された商標(社名や商品名など自社が独占的に使用できる標識)のことです。
    永谷園というブランドを確立するため1956年(昭和31年)に隈取りを商標登録しました。
  • お茶づけの素にあられが入っているのはどうしてですか?
    あられを入れることで香りと歯ざわりが良くなるためです。
    永谷園創業者の永谷嘉男が、京都ではお茶づけにかき餅を入れることにヒントを得、お茶づけ海苔にあられを入れることを考案しました。
    なお、あられを入れることで袋の中の海苔や調味粉の吸湿を防いで乾燥を保つ働きもあります。
  • お茶づけに入っているあられは何からできているのですか?小麦は含まれていますか?
    もち米からできています。小麦は含まれておりません。
  • 永谷園の「お茶づけ」には、お茶とお湯のどちらをかければ良いですか?

    永谷園の「お茶づけ海苔」には抹茶が入っていますので、熱いお湯をお使いいただくと抹茶本来の風味がほどよく引き立ちます。
    ぜひお湯をかけてご賞味ください。

  • 「お茶づけ海苔」の内袋はプラと書いてあるのに他のお茶づけの内袋は紙と書いてあるのはどうしてですか?
    「お茶づけ海苔」だけは細長いあられ (松葉あられ) を使用しているため、あられが内袋を突き破ってしまう可能性があります。
    その対策として包材の強度を高めるためにプラスチックを他のお茶づけの内袋より多く使用しているので、「お茶づけ海苔」だけプラに分類されます。
  • 「おとなのふりかけ」は、どうして“おとなの”というのですか?子どもは食べてはいけないのですか?
    お子様が召し上がっても問題ありません。

    「おとなのふりかけ」を発売した1989年当時、ふりかけは子どもの食べ物というイメージがありました。
    そうしたイメージを打ち破るため「子どもだけではなく、大人も満足できる高級感のあるふりかけ」として、”おとなのふりかけ”と命名されました。
  • 塩分制限をしています。塩分を減らすには、お湯をたくさん入れればいいですか?
    お湯をたくさん入れると味は薄く感じますが、全て飲めば身体に摂取される塩分量は変わりません。
    入れる調味味噌や具を少なくすることをおすすめします。
    なお、永谷園では減塩タイプのみそ汁も各種販売しておりますので、そちらもお試しください。
  • 即席みそ汁やお吸いものやスープを朝作って、魔法瓶やランチジャーに入れてお弁当に持って行っても大丈夫ですか?
    おすすめできません。
    お湯を注いだ状態で長時間おくと微生物が増殖し、腐敗しやすくなります。
    特に夏場や、直射日光の当たる場所、車内は高温となり早いスピードで変質が進みますのでお控えください。

    お弁当にお持ちになる場合には未開封のままお持ちいただき、
    飲む直前にお湯を注いでください。
  • しじみがカビ臭いことがありますが、どうしてですか?
    この臭いの素は水中の藻類などから発生するゲオスミン(geosmin)と呼ばれる物質で、
    えさである植物プランクトンを介してしじみに取り込まれることがあります。
    お召し上がりいただいても人体に影響することはありません。
    しじみの生息する場所や時期によって臭いがすることがあります
  • フリーズドライとは何ですか?
    あらかじめ凍らせた食材を特殊な機械の中で真空状態にし、食材の中の水分を乾燥させることをフリーズドライといいます。
    高温をかけず氷の状態のまま水分が抜けるため、色や風味、栄養価が
    損なわれにくく、また水分が少ないため長期間保存することができます。
    お湯を注ぐだけですぐに元のおいしさや食感を復元できるところも特徴です。
  • 「お茶漬けの日」とは何ですか?
    『5月17日』を、2012年に「お茶づけ海苔」が発売60周年を迎えたことを記念し、永谷園が日本記念日協会に登録・制定したものです。

    永谷園のルーツは、江戸時代にお茶の製法を発明し、煎茶の創始者として京都にて“茶宗明神”として祀られている永谷宗七郎(宗円)にさかのぼります。
    株式会社永谷園の創業者の永谷嘉男は、永谷宗七郎からつながる由緒あるお茶屋の家系です。
    「お茶漬けの日」は、その永谷宗七郎の偉業をたたえ命日の5月17日(1778年)に制定しました。
  • 永谷園の「食物アレルギー配慮商品」とは、どういう商品ですか?
    特定原材料7品目(卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生)を使用せずに製造している商品を指します。
    さらに「特定原材料に準じる21品目」の食品についても極力使用せずに製造しております。
    また、製造に際してはアレルゲンの混入を防ぐため、使用する原材料の審査から商品の検査にいたるまで
    特別な管理をしております。

    食物アレルギー配慮商品についての詳細は下記ページをご覧ください。
  • 永谷園商品の食物アレルギー表示について教えてください。
    永谷園では、法律で表示が義務づけられた『特定原材料』7品目*1と、表示が奨励されている『特定原材料に準ずるもの』21品目*2すべてについて、
    原材料に使用した場合は原則としてパッケージに表示しています。

    *1特定原材料とはアレルギー症状を起こす頻度が高かったり重い症状を引き起こす可能性がある食品のことで、
    商品への表示が義務づけられています。
    【特定原材料7品目】
    卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生
    *2特定原材料に準ずるものとは上記の7品目以外にアレルギー症状を起こす可能性がある食品のことで、
    商品に表示することが推奨されています。
    アーモンド、あわび・いか・いくら・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・バナナ
    ・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン

    こちらのページから商品に含まれるアレルゲンを検索することができます。
  • パッケージに書いてある ●本商品の製造ラインでは○○を含む商品を生産しています。 とはどういう意味ですか?
    商品を製造している同じラインで〇〇(特定原材料7品目およびそれに準じるもの21品目の食品)を含む商品を製造しているという意味です。
    食物アレルギーをお持ちの方への情報提供として表示をしています。
  • 麦芽糖とは何ですか?『小麦』由来ですか?

    小麦由来ではありません。

    麦芽糖はでんぷんから作られる糖類の一つで、甘さをつける、スープを固まりにくくする、顆粒を作りやすくするなどの目的に使用しています。

  • ふりかけに使われている貝カルシウムには何の貝を使用していますか?
    ほたて貝の殻を使用しています。
  • ●本商品に使用している海苔、わかめは、えび、かにの生息域で採取しています。 とパッケージに書いてありますが、どういう意味ですか?
    原料の海苔やわかめを採取している漁場に
    「えび、かに」が生息しており、微量の混入の可能性がある、という意味です。
    食物アレルギーをお持ちの方への情報提供として表示をしています。

     

  • 「煮込みラーメン」はどうして煮込んでもコシがあるのですか?
    「煮込みラーメン」の麺は一般的なインスタント麺と異なり、うどんやそばと同じ乾麺の製法で作っています。
    加えて「煮込みラーメン」の麺は2日間かけて麺を熟成させながら乾燥させているため、生麺のようなコシがあります。
    また、原料自体も煮崩れしにくいものを使用しております。

  • チャーハン1人前を作るときはご飯は何合炊けば良いですか?冷ご飯を使っても良いですか?
    チャーハン1人前を作るのに必要なご飯は、0.75合です。(炊く前のお米で約112.5g)
    ご飯はやや固めに炊いた方がパラっとしたチャーハンを作りやすくなります。
    冷ご飯で作る際はラップをせずに電子レンジで加熱してください。
    「チャーハンの素」ブランドサイトでは、おいしいチャーハンを作る極意を動画で解説しています。
  • 商品を海外に送りたいのですが、英語でなんと書けばいいですか?
    以下の表をご確認ください。
    お茶づけの素Dried Seasoning Powder
    ふりかけ・おむすびの素Dried Seasoning Powder
    チャーハンの素Dried Seasoning Powder
    ドライタイプみそ汁Instant miso soup (Miso powder)
    生みそタイプみそ汁Instant miso soup (Miso paste)
    スープ(「松茸の味おすいもの」など)Instant soup mix
    ちらし寿司の素Seasoning mix for sushi
    レトルトカレーRetort food (Curry)
    麻婆春雨Noodle with seasoning (Bean threads)

    他の商品についてお知りになりたい場合は、お客様相談室までご連絡ください。

関連リンク

  • 永谷園の舞台裏
  • 永谷園ウェブ会員
ページのトップへ戻る