韓国風海苔巻き

レシピを共有する

  • Facebook
  • Twitter
  • レシピをメールで送る
  • LINE

韓国のりとキムチで、さっぱりピリ辛!夏に嬉しい巻き寿司です。

調理時間
15
エネルギー
423kcal
たんぱく質
12.2g
脂質
11.5g
炭水化物
68g
食塩相当量
2.6g
  • ※1人分当たり

材料(4人分)

材料 分量 下ごしらえ
すし太郎 黒酢入り 「ちらし寿司の素」1小袋
温かいご飯 500g(お茶わん約4杯分=米1.5合)
韓国のり 大判4枚(20g)
(通常のりにごま油をつけても代用いただけます)
<炒り卵>※下の(A)を使います。 サラダ油を薄くしいたフライパンで炒め、細かい炒り卵にする。
(A)卵 1個 といておく。
(A)サラダ油 大さじ1/2
ニラ 2本(10g)
キムチ 100g 細かく刻む。
ツナ(缶詰) 100g
ごま油 小さじ1
材料
すし太郎 黒酢入り
「ちらし寿司の素」1小袋
温かいご飯
500g(お茶わん約4杯分=米1.5合)
韓国のり
大判4枚(20g)
下ごしらえ:
(通常のりにごま油をつけても代用いただけます)
<炒り卵>※下の(A)を使います。
サラダ油を薄くしいたフライパンで炒め、細かい炒り卵にする。
(A)卵
1個
下ごしらえ:といておく。
(A)サラダ油
大さじ1/2
ニラ
2本(10g)
キムチ
100g
下ごしらえ:細かく刻む。
ツナ(缶詰)
100g
ごま油
小さじ1
レシピをメールに送信

作り方

温かいご飯と「すし太郎 黒酢入り」の「ちらし寿司の素」1小袋、ごま油を大きめの容器に入れ、手早くまぜあわせる。

ラップを敷いた巻きすに韓国のりをのせ、[1]の1/4量を真ん中に置き、奥3~4cm残してのばす。

[2]に炒り卵→ニラ→キムチ→ツナをのせて巻く。

[2]、[3]を繰り返し、4本巻けたら、お好みの大きさにカットし、器に盛ってできあがり。

コツ・ひとくちメモ

・ご飯の中心に具をのせると、巻きやすいです。
・巻きすが無い場合は、ラップでも代用することができます。
・巻き寿司を切るときは、包丁をぬれ布巾でぬらしてから切ると切りやすいです。

 

関連するレシピ特集

関連レシピ

レシピ検索へ戻る