その他

に関するご質問とその回答をご紹介いたします。

よくいただくご質問の検索

  • ※スペースで区切って複数語検索が可能です。
  • 商品を海外に送りたいのですが、英語でなんと書けばいいですか?
    以下の表をご確認ください。
    お茶づけの素Dried Seasoning Powder
    ふりかけ・おむすびの素Dried Seasoning Powder
    チャーハンの素Dried Seasoning Powder
    ドライタイプみそ汁Instant miso soup (Miso powder)
    生みそタイプみそ汁Instant miso soup (Miso paste)
    スープ(「松茸の味おすいもの」など)Instant soup mix
    ちらし寿司の素Seasoning mix for sushi
    レトルトカレーRetort food (Curry)
    麻婆春雨Noodle with seasoning (Bean threads)

    他の商品についてお知りになりたい場合は、お客様相談室までご連絡ください。
  • 塩分制限をしています。塩分を減らすには、お湯をたくさん入れればいいですか?
    お湯をたくさん入れると味は薄く感じますが、全て飲めば身体に摂取される塩分量は変わりません。
    入れる調味味噌や具を少なくすることをおすすめします。
    なお、永谷園では減塩タイプのみそ汁も各種販売しておりますので、そちらもお試しください。
  • レトルトパウチ食品を海外にもっていきたいのですが、飛行機に持ち込んでも大丈夫ですか?
    レトルトパウチ食品は、飛行機での気圧の変化にも耐えられるようにつくられています。
    しかし、傷がつくと中身がこぼれる場合がございますので取り扱いにはご注意ください。
  • 「お茶づけ海苔」の内袋はプラと書いてあるのに他のお茶づけの内袋は紙と書いてあるのはどうしてですか?
    「お茶づけ海苔」だけは細長いあられ (松葉あられ) を使用しているため、あられが内袋を突き破ってしまう可能性があります。
    その対策として包材の強度を高めるためにプラスチックを他のお茶づけの内袋より多く使用しているので、「お茶づけ海苔」だけプラに分類されます。
  • 「ホテルニューオータニ ホットケーキミックス」は、ホテルニューオータニ と何か関係があるのですか?
    「ホテルニューオータニ ホットケーキミックス」は1977年(昭和52年)に、初めての洋風の商品としてホテルニューオータニの監修のもと発売されました。
    子供だけでなく大人も満足できるような、高級感のあるホットケーキミックスを目指して開発された商品です。
  • 「隈取りは永谷園の登録商標です」とはどういう意味ですか?
    登録商標とは特許庁に出願、認可された商標(社名や商品名など自社が独占的に使用できる標識)のことです。
    永谷園というブランドを確立するため1956年(昭和31年)に隈取りを商標登録しました。
  • お茶づけの素のパッケージが歌舞伎の定式幕と似ていますが、理由があるのですか?
    お茶づけ海苔のデザインは、創業者の永谷嘉男が歌舞伎の定式幕からヒントを得て考案したものです。
    「お茶づけ海苔」の文字も、歌舞伎の看板や番付などに用いられる「勘亭流」の書体をアレンジして書かれています。
  • 「大人のカロリミット®みそ汁」は他の「カロリミット®」シリーズと併用できますか?

     併用いただけますが、1日のうちに「大人のカロリミット®(粒)」「カロリミット®(粒)」、「カロリミット®茶」シリーズ、をお召し上がりになる場合は、1回の摂取目安量を

    守り、1日合計3回程度を目安にお召し上がりください。

    組み合わせる場合には、一度にまとめてお召し上がりにならずに、食事のシーンに合わせて、いずれか1つの商品をお摂りください。

     「大人のカロリミット®はとむぎブレンド茶」、「大人のカロリミット®玉露仕立て緑茶プラス」、「大人のカロリミット®すっきり無糖紅茶」、「大人のカロリミット®みそ汁 

    野菜と海藻」の併用については、同時にお摂りいただいても差し支えございません。

     ただし、配合している「 難消化性デキストリン」は一度に多量に摂るとご体調・ご体質によっては、おなかがゆるくなる可能性があります。 
    時間をずらしてお摂りいただくことをおすすめします。併用される際は、ご様子を見ながらお摂りください。

  • 「大人のカロリミット®みそ汁」の「機能性表示食品」とは何ですか?

    「機能性表示食品」とは「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、

    特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)食品です。

    機能性や安全性の根拠などの必要な情報を販売前に消費者庁に登録しています。

  • 「永谷園」の社名の由来を教えてください。
    永谷園の祖先は緑茶の製法を編み出した永谷宗七郎(宗円)です。
    株式会社になる以前は「茶舗永谷園」として、お茶の量り売りやグリーンティ、昆布茶といったアイデア商品を開発し、店頭で販売していました。
    昭和27年5月に「お茶づけ海苔」を開発したところ爆発的なヒットになり、これをもってお茶づけの素などを製造販売する会社として昭和28年4月に株式会社を設立いたしました。
    社名を決める際、創業者の永谷嘉男が「重厚感がある、老舗のような風格のある社名にしたい」ということから「株式会社永谷園本舗」とし、その後平成4年10月に現在の社名である「株式会社永谷園」になりました。
  • 永谷園あった「ぶらぶら社員制度」とはなんですか?
    1979年に 「2年間で結果 (新商品のアイディア) を出すこと」 のみを条件に、出社せずに自由に時間を使い、経費も制限無しで自由にやれと、当時の永谷嘉男社長が
    一人の社員に与えた特命です。
    その成果として誕生したのが永谷園独自の商品である「麻婆春雨」で、今日の永谷園の代表的な商品の一つとなっております。
  • 「お茶漬けの日」とは何ですか?
    『5月17日』を、2012年に「お茶づけ海苔」が発売60周年を迎えたことを記念し、永谷園が日本記念日協会に登録・制定したものです。

    永谷園のルーツは、江戸時代にお茶の製法を発明し、煎茶の創始者として京都にて“茶宗明神”として祀られている永谷宗七郎(宗円)にさかのぼります。
    株式会社永谷園の創業者の永谷嘉男は、永谷宗七郎からつながる由緒あるお茶屋の家系です。
    「お茶漬けの日」は、その永谷宗七郎の偉業をたたえ命日の5月17日(1778年)に制定しました。

関連リンク

  • 永谷園の舞台裏
  • 永谷園ウェブ会員
ページのトップへ戻る