「安心でおいしいものを!」という思いを込めて誕生 A-Label(エー・ラベル) 食物アレルギー配慮商品

生産と管理 「A-Label(エー・ラベル)」シリーズは特別な管理体制・生産体制のもと、つくられています。

  • Q&A(外部サイト)
  • 商品紹介
  • A-Labelとは

カレーなどのレトルトタイプはHACCPの考えを取り入れた管理体制を構築しています。
特にコンタミネーション(微量の混入)※などの危険性を全工程で確認し、原材料の調達から生産、さらにはライン洗浄に至るまで、その危険性を防止するための管理、洗浄方法を確立し実行しています。

ふりかけなどのドライタイプは専用の製造設備・ラインで製造しています。
ここではふりかけの製造を詳しくご紹介します。
※コンタミネーション・・原材料としては使用していないにもかかわらず、ごく微量の特定原材料等が意図せずに商品に混入をしてしまうこと。

「A-Label(エー・ラベル)ドライタイプ」商品の管理

工場内に「A-Label」商品を含む「食物アレルギー配慮商品」専用の隔離した部屋を作り、その中で生産しています(以下「A-Label」室)。
この「A-Label」室では以下のような様々な方法をとって、室外からアレルゲンが進入するのを防いでいます。

  • ・作業員の出入りや原料の搬入出の際に微粒のアレルゲンが飛び込んでくるのを防ぐため、「A-Label」室の中の気圧を陽圧にし、空気の流れを常時外に向かわせています。
  • ・生産の作業は決まった人だけが作業場内部で行います。作業着や靴も専用のものを着用します。作業に関係のない人は入室できません。
  • ・中で使用する設備や器具もすべて「A-Label」室専用のものを使っています。

【「A-Label」室の入口】専用室になっています。

【気圧のチェック】24時間モニタリング

【生産風景】生産作業は決まった人が行います。

【検査風景】商品・原料のアレルゲン検査

「A-Label(エー・ラベル)」ふりかけの製造<岡山工場>

1混合機で調味顆粒・海苔などのふりかけの原材料を均一に混合し、金属探知機で金属の混入がないことを確認します。調味顆粒は、洗浄・検査等の厳重な管理された生産設備のもと、製造しています。

2充填機で袋に規定量を入れ、熱をかけて口を閉じます(シール)。この充填機は「A-Label」商品専用のものです。

3X線異物検査装置を通して、確認し商品となります。


[ふりかけ混合品][金属探知機]



「A-Label(エー・ラベル)」商品の検査

「A-Label」商品は生産するごとに『卵』『乳』『小麦』『そば』『落花生』の検査を行っています。検査は消費者庁が公的検査に指定している方法で行っています。