食の歳時記

ご飯のお供と言えば?
結果発表
男の子1
投票:明太子
塩かげんと味がご飯と抜群に合います
明太子が最も投票数が多い結果となりました。塩味と辛味が白いご飯と相性抜群ですよね。
少しリッチだけど毎日食べたいという意見もありました!
女の子2
投票:その他
納豆です。納豆で朝が始まると言っても過言では有りません。
その他の回答では、納豆と海苔、佃煮などの意見をいただきました。
どれも相性抜群ですよね。選択肢以外にもまだまだたくさんご飯のお供がありそうです!

「実りの秋」の解説

暦の上では、8月上旬の立秋(りっしゅう)から秋が始まります。日本の初秋を象徴するシーンといえば、たわわに実った稲穂が黄金色に輝く田園風景ですね。
稲作は今から3000年前に大陸から九州へと伝わり、2200年前には東北まで広がりました。収穫した米は、伝来した当初は煮たり蒸したりして食べていましたが、鎌倉時代を迎える頃に釜で炊くようになり、その炊飯方法が現在へと受け継がれています。
そうして日本人の主食となった米飯の特徴は、ほとんど味がしないこと。だからこそ私たちは、季節の野菜や魚介の素朴な味を楽しむ繊細な食文化を育むことができたのです。
ご飯は、炭水化物やビタミンなどの栄養素を豊富に含み、味付けを選ばずどんな料理にも合う万能食材です。規則正しい食生活を心がけながら、旬のグルメを堪能しましょう。

PICK UP

今月もたくさんの投票ありがとうございました!
5つの選択肢以外にもたくさんの「ごはんのお供」の意見をいただき、白いご飯が食べたくなりました★
一番多かったのが明太子で、僅差で漬物が2番目に多いという結果になりました。いろんな種類を選べるのが魅力的という声が多かったです。
そして、いろんな種類を楽しめるご飯のお供と言えば「おとなのふりかけ」!味は「本かつお」「紅鮭」「わさび」「焼たらこ」「海苔たまご」の5種類からお選びいただけます。
手軽に好みの味を選べるのがふりかけのいいところですよね♪
厳選した海苔を使用したちょっと贅沢なおとなのふりかけ、是非ご賞味ください♪