食の歳時記

夏の風物詩と言えば?

受付期間:6月1日(火)AM11:00まで

「夏の楽しみ」の解説

5月上旬の立夏(りっか)を迎えれば、暦の上では夏。
暑い季節ならではの遊びといえば、海水浴。日本では古くから海で体を癒やすことを「潮浴(しおあみ)」や「潮湯治(しおとうじ)」と呼び、鎌倉時代を代表する歌人の鴨長明は、「尾張国で何日も海水を浴びた」と自身の体験を詠んでいます。
世界で最初に本格的な海水浴場が開設されたのは、18世紀のイギリスです。海水が健康の促進や回復を助けると考えられ、自然療法を行うために利用されました。
それが明治時代になると、西洋医学を学ぶ医師によって日本に伝わり、兵庫県の須磨や神奈川県の大磯に、海水療法を目的とした海岸が開かれます。
今では、レジャーを楽しむための海水浴場が日本各地へ広がり、その数は全国で1000を超えています。

必須
 
必須

※全角200文字まで
 

※投票はお一人様1回となります。

※投票するには会員ログインが必要です。

投票結果はアンケート終了の翌月に発表いたします!

※投票時にリアルタイムの投票状況をチェックすることができます。

皆さまのご参加をお待ちしております♪