食の歳時記

子供の時に好きだった料理は?

受付期間:12月2日(月)AM11:00まで

「七五三」の解説

節目の歳に子供の健やかな成長を祈願する七五三。今では一連の行事と捉えられていますが、かつては別々の行事でした。
3歳のお祝いの起源は室町時代頃に行われた「髪置(かみおき)の儀」。髪を切り揃えていた赤ちゃんが3歳を機に男女とも髪を伸ばし始め、児童の仲間入りをしたそうです。5歳のお祝いは「着袴(ちゃっこ)の儀」がもとに。平安時代には行われていた儀式で、男の子が初めて袴を身に着け少年の仲間入りをする意味合いがありました。7歳のお祝いは「帯解(おびとき)の儀」。付紐ではなく大人と同じ帯を使うようになり、社会的にも少女の仲間入りを果たしました。
それぞれの起源を見るとライフステージが1つ、着実に上がるという印象が強いですね。乳児死亡率が高かったその昔、子供の成長を喜び、さらなる幸福を願う親の思いが伝わってくるようです。

必須
 
任意

※全角200文字まで
 

※投票はお一人様1回となります。

※投票するには会員ログインが必要です。

投票結果はアンケート終了の翌月に発表いたします!

※投票時にリアルタイムの投票状況をチェックすることができます。

皆さまのご参加をお待ちしております♪