ファンボイス

2013.7
過去のアンケート結果を見る

月刊ファンボイス Vol.45
「これが私の幸せごはん!」

「ファンボイス」リニューアル前の最後の募集テーマは、「これが私の幸せごはん!」でした。予想以上にたくさんのご投稿をお寄せいただき、誠にありがとうございます。
1件1件、いただいたご投稿を拝見しながら、ちゃづも共感しきり!読みながら思わず笑顔になってしまうエピソードがいっぱいでした。
本当は全部ご紹介したいところですが、あまりにも数が多いため、ごくごく一部に絞ってご紹介させていただきます。
きっとあなた好みの「幸せごはん」もこの中にあるはず…!?


和食の基本といえば・・・?やっぱり白米、白いご飯!

めぐむ♂ さん 40代 女性 埼玉県

白米。嫁ぎ先では、身体に良いからと、新米にも玄米や五穀米などを混ぜてしまうので、やはり「白米」を食べる時は、幸せを感じます。

ちえ さん 30代 女性 愛知県

実家でとれたお米をダイヤモンドの炊飯機で炊いた白米が美味しいです。炊く前に氷をひとかけら入れて炊くと美味しく炊き上がります。母子家庭で五人の子持ちですが、子供は塩おにぎりが好物です。納豆と卵かけ御飯も好物ですね。

娘溺愛父 さん 50代 男性 高知県

とれたての新米が炊きあがった最初の一杯!毎年この一瞬を楽しみにしています。

みー さん 30代 女性 愛知県

私の母の握った大きなおにぎりです。結婚式当日も化粧をする前に食べて幸せな気持ちになりました。

さやち さん 30代 女性 愛知県

なんでもない白米です。とにかくごはんの味が知りたくてなんにもつけずに、かけずに食べるのが一番幸せです。日本人でよかったって思う瞬間でもあります…。

ありちん さん 30代 女性 大阪府

粕汁と白米が私の幸せごはんです。どんなに嫌なことがあっても、不機嫌でも、これが食卓にあると一気に幸せ気分になれます。芯からあったまって美味しくてたまりません。

love さん 30代 女性 青森県

何といっても白米。新米なら、もう最高。それを塩むすびにして、少し冷めた頃がおいしい…考えただけで、お腹が空いてくる…。

ゆまま さん 40代 女性 神奈川県

小2の息子が炊飯器をセットして炊いてくれる「ご飯」です(最近いろいろとお手伝いしてくれます)。お米を計ってとぎ(とぎ汁を流す時にお米も一緒に流れないようにする便利グッズも購入しました)、「水加減はこれくらい?大丈夫?」と何度も確認してくるのもかわいいです。ほかほかのご飯とちょっとしたご飯の友があれば、私の幸せごはんです。

こちらでは紹介しきれませんでしたが、「白米をシンプルに楽しむ」という点では、おにぎりにも軍配が上がりました!お母さんの特製いり玉子が入ったおにぎりや、鮭や昆布などの定番おにぎり。海外旅行から帰ったらすぐにお母さんにリクエストしたという方もいらっしゃいました。やっぱりおにぎりは、おふくろの味のようですね♪


おかわりが止まらない?相性抜群!ご飯の友

ノエル さん 60代 女性 愛知県

炊き立てのご飯に、焼き海苔に醤油をつけたものを巻いて食べるのが何よりも好き。ふーふーしながら食べるのがいい。

さくらんぼ さん 60代 女性 神奈川県

私の幸せごはんは、故郷山形の漬物「青菜漬け」で、ご飯をくるっと巻いて食べるときです。これさえあれば、あとは何も要りません。

しょちゅう さん 60代 男性 宮城県

貝殻に入った焼きウニを熱々のごはんにのせて出汁をかけて、わしわし食べるのが、私の幸せごはん。

ひまわり さん 30代 女性 福岡県

炊きたてご飯に「明太子」。これ定番です!実家が魚屋なので、週4日は食べてます。子ども達も大好き!おじいちゃん、いつもありがとう!!

きらり さん 40代 女性 福島県

私の幸せごはんは、白身の下の部分をカリッカリに焼いて黄身を半熟にした目玉焼きを、炊きたてのごはんの上にのせた「目玉焼きごはん」です。おしょうゆを上からかけて食べるのがたまりません。

ひげ さん 40代 男性 埼玉県

私の日曜日の朝食は焼き鳥茶づけ風です!永谷園の「松茸の味お吸いもの」半分をご飯にかけ、串から抜いた焼き鳥(前夜の余り)をのせ、お湯をかけるだけ。焼き鳥は塩・タレどちらでも美味しいです。吸い物一袋全部を入れず、半分だけ入れるのがポイント!ホンノリ香るマツタケの香りを楽しみます。

さやん さん 40代 女性 東京都

すき焼きをした日に残った汁を取っておいて、翌朝レンジで温めて卵かけご飯にしょうゆの代わりにかけて食べると肉や野菜のうま味が詰まっているのでサイコーの朝ごはんです!

ひー さん 40代 女性 北海道

塩辛茶漬け!!ご飯の上に塩辛をのせて、熱々のお茶をかけると・・・。子どものころはこの動きが苦手でしたが、今では一番の幸せご飯です。

ベル さん 30代 女性 埼玉県

私の幸せごはんは、熱々の炊きたてご飯をお茶碗にもり、真ん中にくぼみを作ってバターを一切れ埋めて、ほどよく溶けたところをさっくりと混ぜ、醤油をひと回しかける。その上に釜揚げシラスとごまをトッピング。それをハフハフいいながらいただくのがサイコー!!

そうだね さん 40代 女性 北海道

炊き立てご飯に 卵黄かけて、「おとなのふりかけ 本かつお」を一袋いれて食べる。これがなんとも云えんのよぉ。

この他にも、卵かけごはんや納豆、焼き魚などなど、皆さま“ご飯の友”には、こだわりをお持ちでした!特に卵かけごはんのアレンジは多彩。とれたての卵で卵かけごはんという、贅沢な経験をされた方も…!
「そうだね」さんの幸せごはんである「おとなのふりかけ本かつお」と卵の組み合わせは、ちゃづも大好きです!懐かしいようなほっとするおいしさ、宜しければあなたも味わってみてくださいね。


やっぱりソウルフード!お味噌汁

きききなこ さん 50代 女性 愛知県

私の幸せごはんは炊き立てのごはんに白ねぎの麦味噌の味噌汁です。いくらでも食べられちゃいます。食欲がないときは冷たい味噌汁かけごはん。最強のコンビです。

ナナミ さん 20代 女性 鹿児島県

暑い日でも、仕事から疲れて帰ると、やっぱり味噌汁が飲みたくなる~!最近は味噌汁にチューブの生姜をちょこっと入れて飲むのがマイブーム♪やっぱり、味噌汁飲むとホッとします♪子供たちと色々話をしながら食べるのも幸せごはん!

貧太 さん 60代 男性 千葉県

じゃが芋の味噌汁です。子供の頃家族で見た時代劇で囲炉裏を囲んで雑炊のようなものを食べるシーンがあった。実に美味しそうで、あれは何だと気になって仕方がない。家に帰ると親にあれはなんだと質問攻め。食べたいとダダをこねると親はじゃがいもの味噌汁を作ってくれてご飯にかけて食べた。いつもより全然美味しく感じた。今でもじゃが芋の味噌汁に当時と母を思い出し、ご飯にかければ懐かしくも楽しい気分になれます。

とむたうん さん 30代 女性 愛知県

お味噌汁。武豊町の宝山味噌で作ると最高に美味しいです。

ねこねこ さん 40代 男性 福井県

田舎に(何年かに一度しか帰れませんが)帰省した時に飲むお味噌汁!!信州の味だ~!!やっぱ味噌がちがうんです。懐かしい味です。お米もおいしいので、味噌汁、お漬物で2~3杯いけますね~。

お多幸丸 さん 50代 女性 愛媛県

本当に手前味噌なのだけれど、自分で作る味噌汁です。毎朝シャトルシェフ(保温鍋)に冷蔵庫の残り野菜を入れて味噌をときいれ、ひと煮たちしたら鍋の保温容器に入れるだけ。その間に弁当を作り洗濯をし、姑のおむつを交換などをしていると、いい具合に味噌と野菜が煮込まれて本当においしい味噌汁ができます。これ食べると今日もがんばるぞ!の気合いが入るのです。

オープンスペース さん 60代 男性 静岡県

家内が作る、朝の味噌汁ですね。具は、タマネギと半熟タマゴです。シンプルですが本当においしいです。

ごまたろう さん 40代 女性 千葉県

夕飯の残りの味噌汁に卵をいれてトーストと一緒に飲みます。この朝食が私の幸せごはんです。

白いご飯とならんで、和食の原点であるお味噌汁は、やっぱり日本のソウルフードですね。
朝食のお味噌汁で1日の活力を充電しているという方が、たくさんいらっしゃいました。
お味噌汁とトーストの組み合わせには、ちょっとびっくりしましたが、意外と合うかもしれませんね~。ちゃづも今度試してみたいと思います!夕飯の残りにひと手間かけるところも素敵です♪


手作り派多数!パンの幸せ

シオン さん 20代 女性 千葉県

ホームベーカリーで焼いた焼き立てパン!!レーズンやクルミをたっぷり入れて焼き上げるのが好きです。ふわふわで、つい食べ過ぎてしまいます。

りんりんトモチ さん 50代 女性 愛知県

社会人2年目の娘がこの夏の賞与でホームベーカリー買ってくれました おかげで毎日焼き立ての食パンをいただけるようになりました 家族揃って、ほわほわあつあつのパンを食べてる時が、私の幸せごはんです。

いちこ さん 50代 女性 岐阜県

トーストが大好きな私。朝はもちろんたっぷりのバターにこれまた大好きなマーマレードをのせていただきます。昼もまた食べます。今度はイチゴジャムで。夜も食べたいところですが、カロリーオーバーなので控えます。残念です。本当に。

びんごくん さん 40代 女性 愛知県

焼きたてのパン…ブザーが鳴ったら取り出して、そのまま豪快にちぎって食べます。

ミルク さん 50代 女性 三重県

自分が焼いたフランスパンで、フレンチトーストを作って食べるのが好きです。

燕子花 さん 30代 女性 宮城県

小さい頃パンを食べて育ったせいもあってか、パンが大好き。中でもタマゴサンドが好きで、市販のタマゴサンドを食べると「ほわ~ん」と幸せな気分になります。自宅では作れないふわっとしたタマゴがとっても美味しくて。

わんたる さん 30代 女性 神奈川県

子供と一緒に作る手作りチョコパンです。焼きたてはとってもおいしいので、あっというまになくなってしまいます。

ちびこちゃん さん 30代 女性 千葉県

食パンに、マーガリンと砂糖をまぶします。そして、トーストするだけ!マーガリンの香りと砂糖の甘みが最高です。これが子供の頃からやめられない、幸せパン。夫や子供に内緒の至福の時です。

パン好きは、圧倒的に女性が多かったのが印象的でした。ちゃづもパンが大好きなので(おいしいものは、何でも好き!)、ホームベーカリーをお持ちの方のエピソードを見ながら「良いな~」と指をくわえていました。こねたり、時間を間違えないように発酵したり…といった工程なしに、毎日のように焼きたてのパンが食べられるなんて、うらやましい~♪
余談ですが、パン好きの方は、なぜか東海地方に多いような気も…。パン文化が浸透しているんでしょうか!?


これで元気になる!自分にとっての“とっておき”とは?

ホシ さん 30代 女性 宮城県

駅地下の焼き鳥専門店で買う唐揚げです。自分へのご褒美として、月1で買っています。割高ですが、国産で、ニンニクとしょうがの効いた好みの味付けです。

みっきー さん 30代 女性 千葉県

私の幸せご飯は「天ぷら」です。家族も自分も大好きなので、とにかくたくさん揚げます。とくに舞茸の天ぷらは人気です。揚げた当日は、さっぱり塩を振ってご飯と食べ、翌日は天ぷらそばにします。ご飯にも麺にも合う天ぷらは最高です!

まさよぼん さん 30代 男性 長野県

イクラごはんです。イクラは高くて買えないけどお正月は別です。この時だけは存分にイクラをご飯にのっけて、海苔を散らして食べます。口の中でぷちっぷちっとつぶれて、じゅわ~とうまみが流れ出て、白米ともこれ以上にないほど相性ピッタリ!得も言われぬ美味しさです。

きき さん 40代 女性 埼玉県

朝一番のコーヒー。いい香りで、幸せいっぱいです。

ひなママ さん 30代 女性 神奈川県

鰻好きです~。小学生のとき父が近くの川で捕まえてきた鰻を母が蒲焼きにし、甘辛いタレにつけてだしてくれたのが最初の出会い。海以外でとれる魚がこんなに美味しいものだとは!と目から鱗の想いでした。ひと切れだけのせてもらった鰻を、何杯もご飯をおかわりして、大事に大事に食べたのを覚えています。今ではクリスマスディナーも、記念日ご飯も迷わず「鰻!」。どこでいつ食べても私の期待を裏切らない至福の味です!

ほんかん さん 20代 男性 沖縄県

ビビンバ焼きそば!スーパーで、ビビンバが焼きそばと合うと知ったので作りました。おいしかったです。作り方は、塩焼きそばにビビンバをからめるだけです。ぜひ、作ってみてください。

いず さん 40代 女性 埼玉県

家族には甘口のカレーを作りますが、私の分だけ取り分けてスペシャル辛~いカレーを作ります。これにツナ缶を投入すれば完成です。元気が出ないとき、落ち込んだときに食べれば、幸せいっぱいになります。

みっこ さん 40代 女性 千葉県

味噌汁かけご飯(^o^)/ 子供の時「行儀が悪い」と親に言われ我慢しました。今、家族の留守中の一人ご飯の時 コッソリ食べてます。幸せ?

オリエル さん 40代 男性 神奈川県

私の幸せごはんは、地元の銘菓店で開店後すぐに売り切れてしまう「いなりずし」です。おあげの甘さ、濃さが絶妙で、ご飯の硬さもちょうど良く、何個でも食べれてしまいます。一か月に一度、まとめ買いするのが楽しみのひとつです。

おみ さん 30代 女性 和歌山県

煮出したほうじ茶で炊いた茶粥が大好きです。香ばしくてお腹にも心にも優しく、子どもの頃から大好きな幸せごはん。熱々でも冷たくしても美味しいので年中食べられ、煎ったソラマメやサツマイモを入れても美味しいですよ~。

皆さま「これさえあれば元気になっちゃう」そんな一品をお持ちなんですね~。
元気を出すために「食べる」のは、とても理にかなったこと。自分にとっての「元気メニュー」や「ごほうびメニュー」をお持ちの方は、自分がもうひと頑張りできちゃうツボを心得ている“頑張り屋さん”の方々なんだろうな…と想像して、ちょっと心が熱くなったちゃづでした。


家族の…青春の…思い出メニュー

みーちゃん さん 40代 女性 大阪府

風邪をひいたときに、お母さんが作ってくれた少し甘いおうどんです。昆布、カツオ、煮干しで出汁をとって、何にも食べたくないときでもこれだけは美味しく食べられて、病気もすぐに治るので、幸せに一番近くなるご飯だといつもありがたく思っています。蒲鉾、ネギだけのシンプルうどんです。

みやけゆみとみみ さん 30代 女性 岡山県

父親が子どものころに作ってくれた、おかか(醤油と砂糖和え)をご飯にのせただけのごはん。

りかりちゃん さん 40代 男性 東京都

私の幸せごはんは、”母手作りのポタージュ”です。子どもの頃、両親は共働きで朝は母の方が早く家を出るのでトースト&コーヒー・紅茶&サラダみたいな朝食でしたが、日曜になるとポタージュスープやカボチャスープ等が用意されていました。ポタージュスープに使うコーンや野菜は、父が家庭菜園で育てたものでした。普段一緒にいられる時間が少ない分、休日には手をかけてくれていたのだと思います。

ぐりこ さん 30代 女性 神奈川県

北寄貝のお刺身です。新鮮な北寄貝をそのまま湯通ししないでお刺身にします。薬味はニンニク醤油で食べるのがポイント。母の実家の福島県浪江町請戸漁港の味です。

ちこ さん 20代 女性 北海道

母の煮炊きした、究極のサバ味噌!これが白いご飯にもお酒にも合うし、なにより他では絶対食べられない味…。あえてレシピを聞かないで、永遠のおふくろの味にしたい1品です。

らんま さん 40代 女性 神奈川県

私にとっての幸せごはんは、ワンタンです。子どもの頃から母がよく作ってくれて、大きくなってからは、一緒に作るようになりました。今も体が弱っているなと思うときには必ず作ってます。

池のカエル さん 50代 男性 鳥取県

納豆と味噌汁を温かいご飯にかけて食べる、納豆汁かけ飯。大学時代にヨット部の艇庫で毎朝のように食べた勝利を誓う必勝飯。

いちごまま さん 30代 女性 長野県

当時同棲していた時に、はやった【そば飯チャーハン】。余ったご飯、豚肉、細かく切った焼きそばを炒め、ソースで味付け。上に半熟目玉焼きをのせたら完成です…。こんなに簡単なのにおなかはいっぱいになるし、当時の甘い思い出がよみがえるので私の幸せご飯はそば飯チャーハンです。

学生時代 さん 50代 女性 静岡県

金欠病なんて言葉も流行ったあの時代。お金のなかった学生(大学生)の小さな古いアパート暮らし。1キロ入りの安売りパスタ(乾麺)とドライサラミ、タマネギ、ピーマン、ケチャップ、これが晩ご飯の必需品。米より安いパスタは腹持ちもよく料理も簡単。かの「ナポリタン」(具少なめ)、あけてもくれても食べたっけ。安い材料、日持ちのきく材料…でも今でもやっぱり好きなんだな~懐かしのナポリタン。

海ほたる さん 50代 男性 千葉県

約35年前は地方大学の苦学生で、アパート生活で食べるのも大変苦労しました。お米は仕送りやバイトの給料日に購入していましたが、おかずがなくコーラの瓶を酒屋に持って行き永谷園の「お茶づけ海苔」と交換して食べた思い出があります。現在でも晩酌後のお茶漬けは、自分にとって思い出深い和食ナンバーワンの食事です。

エヌ さん 30代 女性 福井県

母の作るちらし寿司が一番。「すし太郎」に、高野豆腐、かんぴょう、椎茸、人参、ちくわのお煮しめを刻んだ物を混ぜ込み、さらに具沢山にし、錦糸玉子と紅ショウガ、刻み海苔をのせた物です。今は帰省した時にしか食べられませんが、山盛り&おかわりしてしまいます。

いかがでしたか?
甘いもの、切ないもの、温かいもの…さまざまな思い出がありますが、思い出は、ある意味最強の調味料。これからもそんな大切な思い出が詰まった「幸せごはん」のレパートリーを増やして行きましょう♪

「月刊ファンボイス」がリニューアルしました!
新しくなった「クリック!ファンボイス」もお見逃しなく!リアルタイムで結果を見られる、ワンクリック投票形式です。ぜひお気軽にご参加ください!

クリック ファンボイス