ファンボイス

2012.10
過去のアンケート結果を見る

月刊ファンボイス Vol.37
寒い季節の大本命 大好き!おでん

寒くなってくると、食べたくなるのがおでん!今回は皆さまに、好きなおでんについて伺いました。このところ急に寒くなったこともあり、皆さまからたくさんのエピソードをお寄せいただきました。
おでんには、ちゃづの予想以上に、地域性や家族ならではの風習があり、とても楽しく拝見しました。
それでは早速今月のエピソードの発表です!

堂々の第1位は大根でした。出汁をたっぷりと吸った大根はたまりませんねO(≧▽≦)O。6位以降には、ちくわぶ、餅きんちゃく、厚揚げ、ちくわ、がんもなど、やはり王道の具が続きました。少数意見では、トマト、豚の軟骨、皮くじらなども。ちなみにちゃづが好きな具は・・・たまごです!


地方により様々!ところ変われば、食べ方も具も変わる!

お昼寝7 さん 40代 男性

子供の頃、夏休みに静岡の親戚の家へ行くと、必ず隣の駄菓子屋でおでんを食べていました。入ってましたよ「黒はんぺん」が!お土産にももらっていたんで、違和感は感じませんでしたが、友達に話したら、「黒いはんぺんなんてないよ~」と言われて、悔しい思いをしたり・・・。今じゃ“静岡おでん”もブランドですね。黒はんぺん美味しいですよ。ただ、日持ちがしないので、手に入れるのが大変ですが。。。

モリサマー さん 40代 女性

主人が姫路出身なので、ショウガみそをつけて食べます。こういう食べ方があることを結婚して初めて知り、驚きました。また、子どもの頃、「おでん」といわず、「かんとだき」と言っていました。くじらのコロ(鯨の皮)が入っていました。我が家では、餅きんちゃくではなく、うどんきんちゃく(お揚げさんに短く切ったうどんを入れたもの)を入れます。

上げ膳据え膳 さん 60代 女性

おでんは冬の鍋料理として定着していますが、私は香川県の出身。香川県ではうどん屋さんでは年中おでんがあり、うどんとおでんはセットで食べるものです。中みそにみりんやショウガを効かせて、薄めに作った練りみそをつけて食べます。嫁いだ先(岡山)では、炊き込んだおでんに辛子醤油ですが、たまには懐かしいみそおでん(名古屋の八丁みそとは違いますよ)を作ります。

しろうさぎ さん 70歳以上 女性

私は浜辺育ち、60年も前の子供の頃、おでんにはタコの足を一本一本串に刺して入れてありました、それの他には小さめのイカを丸ごと・・・、とっても柔らかく、美味しかったです。懐かしい思い出です。育った実家の方(知多半島)では、しょうゆ味の物は「関東煮」、湯がいて赤みそをつけて食べるものを「おでん」と言っていました。

ぱんだもち さん 40代 女性

沖縄では、「アシテビチ」といって豚足を具にします。

ゆーー さん 20代 女性

地元が広島なのですが、小学校の給食でおでんにタコが入っていてビックリ。家で食べるおでんにタコは入っていなかったので怖くて食べれなかった思い出があります。おでんにタコは普通なのか、今でも謎のままです。

hibico さん 30代 女性

東京出身の友達の作るおでんは、はんぺんにちくわぶなど珍しいものがいっぱいでした。私が食べてたおでんは、関西風なんだなぁと改めて思いましたね~。あと、熊本に転勤してから、熊本のおでんには「牛すじ」ではなく「馬すじ」が入っていたのに驚きました。

れんれんさん 40代 女性

4年前くらいでしょうか、青森に行ったとき、屋台でおでんを食べる機会がありました。「からしちょうだい」といったら、なにやら皿に液体が、ショウガみそでした。青森では、おでんにショウガみそをかけるんですね。地域でこんなに違うんだと驚きました。最近はコンビニでもショウガみそが選べるようになりましたね。

もち吉 さん 40代 女性

名古屋に住んでいた時、コンビニのおでんにみそだれがサービスされてました。ところ変わればでびっくり。東京ではちくわぶや真っ白いはんぺんなど広島出身で見たことのなかったので、ずいぶん各地で違うんだなと知りました。

ミニミ さん 40代 女性

マレーシアに行った時、おでんそっくりな食べ物を屋台で発見。スープが唐辛子で真っ赤でしたが、練り物にスープが絡んでとても美味しかったです。日本のおでんはスープまで飲まないのですが、それは美味しかったので、全部飲んでしまいました。

地域により様々なおでん!熊本の「馬すじ」ははじめて聞きました。興味津々です。ショウガみそ、みそだれなど調味料が異なるのもおもしろいですね。そういえば先日、コンビニでおでんを買ってみると、「からし」「みそだれ」「ゆずコショウ」の3種類から選べました。ゆずコショウにチャンレジしてみたのですが、なかなかでしたよ!


我が家の自慢!?のオリジナルおでん

さちゃぽんぬ さん 40代 女性

初めて彼氏の実家へ遊びに行った時のことです。冬だったのでおでんの話になり、「殻つきのままのゆで玉子をいれる」という彼ママの発言にビックリ! 食べる時にイチイチ自分で殻をむかなくちゃいけないなんて面倒くさがり屋の私にはできません~。

ぽんきぃ さん 30代 女性

我が家では主人のリクエストで、こんにゃくを3種類も入れます。普通のこんにゃく、糸こんにゃく、玉こんにゃくです。とにかく主人がこんにゃくが好きで、おでんの具の半分がこんにゃくです(笑)それでも足りないと言われました・・・。全国の色々なこんにゃくをかき集めて、こんにゃくのみのおでんを作ってあげようかと考えています。

S.・林 さん 70歳以上 男性

我が家では、おでん専用のおでん大根を育てており、それを使っています。煮ても煮崩れせず、しかも味がしみて翌日のお弁当に入れて持っていけるんですよ!

youkoseven さん 40代 女性

数日前、おでんを作りました。冷蔵庫にキャベツが1個あったので、4ッ切りにしてそのまま豪快に入れました。驚くほど柔らかく、甘くて美味しかったです。キャベツだけでも他の具の味が移り、具の一品として大好評でした。

あんこちゃん さん 40代 女性

季節によって具材を変えていますが、春は山菜を入れます。笹竹、フキ、ワラビ等、自然の恵みが感じられます。

ありちん さん 30代 女性

おでんにソーメンを入れたら驚かれた。意外美味しいですよ。

みゆまま さん 40代 女性

我が家は主人が肉がないと食べないので、骨付きチキンを一緒に煮込みます。

くりぼー さん 50代 女性

以前は2時間ぐら煮込んでいましたが、今は朝早く仕込んで10分から15分煮込んでお鍋ごと古い毛布で作った保温用のマットに包んで夕方まで置きます。光熱費を節約しおいしいおでんを作っています。

かおり さん 20代 女性

私自身きのこが好きなので、マッシュルームを入れたら、家族から「おでんには合わない!」と、大批判・・・洋風食材と和風スープの味がマッチしており、体にも良いと思うのですが。家族からの冷たい目線に耐えつつ、毎回マッシュルーム入りおでんを食べています(笑)

かんちゃん さん 40代 女性

私のおでんはお餅きんちゃくの具はおもちとチーズ、お餅とシューマイ、お餅とたこ焼き、お餅とウインナー、お餅と鶏肉と、中身がいろいろ!食べて見ないとわからない!楽しいでしょ?

それぞれの家庭のオリジナルおでん、おいしそうですね!でも殻付きのゆでたまごはどうでしょう・・・?味が染みこむのかしら・・・?何がはいっているかわからない、びっくりきんちゃくは、子どもも喜びそうですね!おでんパーティーのときなど、ちゃづも活用させていただきます♪


え?これ何!?カルチャーショックなちくわぶ

昔はハンサムボーイ さん 60代 男性

以前、東京でサラリーマンをしていたころ、先輩と居酒屋さんで、初めておでんを食べた時にちくわだと思ってちくわぶを註文して食べたら、麩だったのでビックリしました。新潟には、当時ちくわぶはなかったと思います。

まぐまぐ さん 40代 女性

関西出身の私が東京に仕事で長期滞在した時に“ちくわぶ”を知りました。もっちりした食感と食べ応えのある腹持ちの良さが大のお気に入りとなりました。しかし、関西ではおでんの具としてはかなりマイナーでコンビニの店頭販売、袋入りのおでんなどの具にちくわぶは皆無。よって手作りの際にスーパーで購入したものを加えて楽しんでいます。ちくわぶを売っているスーパーも限られているという現状ですが・・・。

コアラ さん 40代 女性

東京に出てきてから、大好物の牛スジを注文したつもりが、出てきたのは残念な魚軟骨ダンゴだったときには「詐欺だ!金返せ!」と思うほどの大ショックでした。これに次いで、ちくわぶとやらいう、ウドン粉の塊というか失敗したダンゴのようなシロモノも、こんなものないわとガッカリしています。大人になるまで好き嫌いなんてなかったのに、生まれて初めて嫌いな食べ物ができてしまったのがおでんのちくわぶでした。

あもり さん 60代 男性

子どもの頃、家族みんながちくわぶが大好きで、何本も入れて味をたっぷり染み込ませて食べた。どういうわけか、妻も子供もちくわぶが大好きです。

M さん 40代 女性

ちくわぶという、おでんの具を最近知りました。近所のママ友がおでんのおすそわけでくれたおでんの中にちくわぶが入っていて、初めて食べました。私は、正直、そんなに美味しいとは、思いませんでした。口の中がもごもごして食べづらかったです。あと、子供が小さい時に、NHK教育のアニメ「おでんくん」を子供と一緒に見て、おでんの具がたくさんある事も知りました。

しろ さん 30代 女性

生まれも育ちも東京なのでおでんにちくわぶがあたりまえでした。今、大阪に住んでいますが、ちくわぶが売っていないスーパーがあります。おいしいので、大阪の人もちくわぶ食べたらいいのに・・・と思います。

きく さん 40代 女性

私は神奈川県生まれの神奈川県育ち。主人の転勤で滋賀県に行くことに。ちくわぶが大好きで、スーパーに買いに行ったらないので聞くと店員がちくわぶを知らなかったんです。しかも何店も同じ状態。ちくわぶは関西じゃマイナーなのだと初めて知りました。神奈川県出身の友達に話したら売ってる店を教えてくれました。やっとやぁ~と見つけたちくわぶだったので、店にあるちくわぶを全部買い占めちゃいました(笑)。と言っても存在を知られていないちくわぶだから、4つしか置いてなかったんですが・・・しばらく入荷もなく、店員さんに聞いても入荷不明だったから、しばらくそのスーパーに通い詰めでした。おでんの思い出です。

ちくわぶに関しては、ひとつ項目が立つほどたくさんのエピソードをいただきました。大好きという人、がっかりと言う人、どちらの意見も非常に熱く語られていたのが印象的。なかなかどうして、ちくわぶには不思議な魅力があるようです。


おでんは食べ方にもこだわりが。あんな食べ方、こんな食べ方

YH さん 40代 男性

私の妻のお父さんは、おでんにウスターソースを付けて食べる・・・。ウスターソースが嫌いな私にとっては、何とも理解しがたい食べ方です。

こんきち さん 40代 女性

子どものころはたまごを最後まで取っておいて最後に汁とご飯とたまごを混ぜて食べていました。

しろmame さん 30代 女性

高校生の時、友人二人が玉子の黄身を汁に溶かして食べていました。初めは驚きましたが、それ以来、私も真似しています。今では、息子も「たまごのスープ美味しい。」と溶かしています。

バサー さん 40代 男性

通常はからしで食べるのですが、子供がワサビで食べているのを見て、まねしてみると、結構美味しく、はまってしまいました。

ウスターソースで食べる、たまごをといて食べる、などおでんの食べ方にもこだわりが。ちなみにここだけの話、ちゃづは、おでんの汁の中にうどんを入れて食べるのが好きです・・・☆


残ったおでんは翌日、こんなすてきなメニューに変身!

ぴあのっち さん 50代 女性

おでんの翌日は残ったじゃがいもと玉子でポテトサラダを作ります。味が良くしみ込んでいるので少量のマヨネーズで美味しくできます。また、牛すじやこんにゃくが残った時は細かく切ってお好み焼きに入れます。どちらも美味しいので、家族みんなのお気に入りです。

まだらねこ さん 30代 女性

おでんを作るときは大量に作り、最後は汁と具ごと、炊き込みご飯にします。良いだしが出てて、美味しいです。

りんごぱい さん 50代 女性

翌日に残った汁と卵で作っただし巻き卵が、お弁当の中に入っていると美味しく、また作ってと毎回母に言っていた記憶があります。成人した二人の娘を持つ母親になりますが、おでんの翌日は出勤する娘に必ずだし巻き卵弁当をつくります。

とららら さん 50代 女性

おでんの残りでカレーを作りました。残ったさつまあげや大根、ちくわを一口大に切っておつゆを薄めてカレールーを入れて仕上げました。また作って、とリクエストされました。

けい さん 50代 男性

おでんの具が余ったら、細かくきざんで混ぜごはんにしていました。友人に教えたら、味が染みておいしいといってました。

なんと!残ったおでんでこんなすてきなメニューができるなんて。ちゃづの家では、残ったおでんは翌朝や、翌日の夜まで持ち越され、ちょっとうんざり・・・していたこともあるのですが、ご紹介したエピソードのようにアレンジすれば、飽きずに、美味しく食べられますね!参考にさせていただきます!


家庭の味、子どもの頃の思い出 おでんにまつわるエピソード

たまごおでん さん 50代 女性

小学生のときにおでんの玉子を兄弟で取り合いをした時、母が怒って、玉子を細かく刻んでおでんのなべに戻されてしまいがっかりしたことを覚えています。

ウナドラ さん 60代 男性

30年程前、独身だった頃、仕事の残業が終わって、帰宅途中立ち寄った屋台のおでん屋。そこのおばさんは、以前クラブ勤めをしていて、古い知り合いだったのですが、私の為に、特別メニューとして刺身用タコ足をおでんの具に、用意してくれました。ありがたくて、週3~4回は通ったものです。あるとき、亡くなったと聞き、それ以来屋台おでんには行っていません。

あちゃちゃのちゃ さん 40代 女性

おでんを鍋から取ろうとしてお箸で器に入れようとしたら、箸できちんとつかんでいなく、アツアツのおでん鍋に落ちた瞬間!鼻の下におでん汁が飛んできてやけどし、冷やしつつ泣きながら食べた。両親は笑い転げていて同情はしてくれなかった・・・。

山さん さん 60代 男性

おでんは作った時よりは2~3日置き、具に味がしみ込んでからの方がおいしいので遠慮していた。後で食べようと思っておでんの鍋を見たら、大好きながんもも大根もコンニャクも食べられてしまって、昆布とサツマしか残っていなかった。

さやや さん 30代 女性

子供の頃、うちのおでんははんぺん、玉子が具の半分以上を占めていました(^_^)。3人の兄弟はみんなはんぺん、玉子が大好きだからです。好きなモノをたくさん食べて欲しいという母の愛情もあったのでしょうね。結婚しておでんを自分で作るようになった今、母が作ったおでんと同じようにはんぺん、玉子はたっぷり入れて作っています♪

アフロ君 さん 30代 女性

昔はおでん鍋(金具で仕切りが出来る四角い鍋)があって、それでおでんを作っていた我が家ですが、いつの頃からか普通の鍋にごった煮のように煮て、それぞれ家族分に小分けするという感じになりました。味付けも毎回同じという訳ではなく、母のその日の気分って感じに違います。

いかがでしたか?各地方の味、各家庭の味、おでんには様々なエピソードがあり、本当に楽しく拝見しました。寒~い日、大鍋にいっぱいのおでんがあれば、冷え切った体もほかほか。大鍋を囲んで皆でつつけば、体だけでなく心まで温めてくれますよね!ちゃづも、今夜はおでんにしようかな♪
さて、この度のファンボイスはなんと39回目!これまでたくさんのエピソードのご応募、本当にありがとうございました。今回はこれまでの感謝の気持ちを込めてサンキュー(39)企画を実施します。なんとエピソードをご投稿いただいた方の中から抽選で10名様に、豪華商品をプレゼント!
そして気になるお題は、第1回目のテーマ「あなたのお気に入りの永谷園商品は?」
果たして3年が経過し、皆様のお気に入りの商品はどう変化したのでしょうか?ぜひ、ふるってご応募ください!

クリック ファンボイス