ファンボイス

2012.10
過去のアンケート結果を見る

月刊ファンボイス Vol.36
甘いものが最高!スイーツ大好き!

今回は、「甘い物が最高!スイーツ大好き!」と題してエピソードを募集いたしました。 女性が圧倒的多数・・・かと思いきや、男性からの熱い意見も多く、ホールケーキを一人で食べた、という熱烈スイーツファンの男性も!さらに手作りのスイーツの思い出など、楽しいエピソードが多数寄せられました。ありがとうございました。 それでは早速今回のエピソードをご紹介します!

季節柄か、人気第1位はモンブランでした!確かに、この季節、ケーキ屋さんのショーケースに並ぶモンブランには、抗いがたい魅力が・・・。第2位は男性にも人気が高かったチーズケーキ。レアチーズもベークドタイプもスフレタイプも、それぞれ人気がありましたよ♪第3位はアイスクリーム。真冬でも食べたい!という意見がありました。ランクには入りませんでしたが、ショートケーキ、チョコレート、パフェ、どら焼き、かりんとう・・・と多種多様。アンケートの数だけスイーツの名前が挙がったといっても過言ではありませんでした!


スイーツは止まらない!?食べ過ぎ注意!の思い出

わんだ~ さん 30代 男性

いつだったでしょうか、その昔、お店で、スイーツを食べすぎて深呼吸をしたらベルトのバックルがはじき飛びました。これには超、超、赤っ恥でした。

ワルモノ さん 30代 女性

結婚一年目の誕生日に旦那さまがお祝いにと初めて挑戦してニューヨークチーズケーキを作ってくれました。それがあまりに美味しかったので、ついついホールケーキの半分を一気食い!次の日は一日胃痛と胸焼けに悩まされ、予定していたイベントは全てキャンセル・・・。今でもチーズケーキを見ると想い出すちょっと苦い思い出です。

シゲティ さん 60代 男性

7号(直径約21センチ)のクリスマスケーキを一人で食べた。

チーズケーキ さん 40代 女性

実家住まいだった頃私の母がスイーツを作る人ではなかったのでオーブンがなかった。実家を出てからは大きなオーブンを買いケーキばっかり焼いていたらなんと10キロも太ってしまった!

ゴア さん 20代 女性

甘いものを食べないと頑張れない!と運動前(バスケットボールの試合)に生クリームたっぷりのエクレアを食べたら試合中に吐きそうなほど気持ち悪くなった。でもそんなことチームの人に言えなかったので、ひたすら耐えて頑張った。でもスイーツはやめられない!

あいあん さん 40代 女性

若い頃は、スイーツならどれだけでも食べれてました。ケーキバイキングに行くと、1個100円と計算し、元が取れるほど食べてました。甘いものを満喫した後は、その向かいのラーメン屋さんでラーメンを食べました!

Kana さん 40代 女性

20年くらい前ですが友人とホテルのレストランで開催されていたデザートバイキングで開始から終了まで(14時から17時まで)座り込んでがっつり食べた経験があります。ケーキ・タルトやゼリー・プリンはもちろんアイスクリームも。あるものは全て食べました。次の日に胃が痛いなんてこともなく、いたって普通に仕事してました。

てつきち さん 40代 女性

ケーキバイキングで張り切りすぎて、グループ一番の成績なものの、おなか壊して・・・みんなに迷惑かけちゃいました・・・。

みやちゃん さん 40代 男性

甘いもの食べ過ぎで、虫歯に・・・。歯医者に行きました。

よっちゃん さん 60代 女性

ホテルで開催される、スイーツのバイキング。全品食べて帰るほどの意気込みで、ほぼパーフェクトに食べました。しばらくは甘いものは・・・と思っていても、次の日ちゃっかり、おやつを食べちゃうんです。

スイーツが好きで、ついつい食べ過ぎてしまう・・・という方は多いのでは?だけど、バックルを飛ばしたり、試合前に食べるのは、少しやりすぎかも。とはいいつつ、その気持ちがなんとなくわかってしまうのも、スイーツの魔力ですね!


スイーツの楽しみはなんといっても手作り♪

アフロ君 さん 30代 女性

子供の運動会に、前夜がんばって栗きんとんを作り、お弁当を一緒に持って出ました。栗ときび砂糖のみ、手間ひまかけただけあってとてもおいしく出来ました。応援にかけつけてくれた義父にも差し上げたところ、「このきんとんはおいしいなぁ」と喜んで下さり、「そういえば昔、母が芋がたくさんあると作ってたなぁ・・・」。ん、もしかしてお義父さんいものきんとんと思ってる?「ちがいますよー、栗100パーセントですよ」と言うと、慌てたそぶり。みんなで楽しく笑ったのでした。

ミイミイミイ さん 50代 女性

子どもが小さい時に一緒にパフェを作りました。アイスに生クリーム、コーンフレーク、バナナ、イチゴ、キウイ、チョコクリームなどを、グラスに大盛りにして、大騒ぎして作りながら、食べました。

まぐちゃん さん 40代 女性

ホットケーキミックスでどら焼き(関西では”みかさ”と言うんですが)の生地を作り、ホットプレートで焼き、餡はつぶ餡、サツマイモやかぼちゃの甘煮を少しつぶしてはさんで手作りしました。母との楽しい思い出です。

コネコ さん 50代 女性

我が家では家族の誕生日に手作りのケーキで祝うのが習慣になっています。ティラミスは上の息子が好きで、1月にはいつも手作りしています。クリームチーズで作り、ちょっぴり甘めです。今では家族全員大好きで誕生日以外でも作ってしまいます。ちなみに、2月には桃の缶詰がたっぷり乗ったケーキを、5月は苺たっぷりのショートケーキを、8月にはマンゴーの缶詰をのせたケーキを、11月には栗の甘露煮をのせたケーキを、直系40㎝近い大きさで作ります。翌日も頬張れるので、手作りは最高です。

なおぴょん さん 50代 女性

子供が小さいころは手作りのお菓子を一緒に作ることが多かったです。機関車トーマスやアンパンマンなどの顔の形のクッキーを作って喜んだのも今はいい思い出です。火を使わないで簡単にできるレアチーズケーキも楽しんで作ってました。

まいぽん さん 20代 女性

友達の誕生日にキティのココアケーキを焼いてプレゼントしました。友達が喜んでくれるのを想像しながら市販のチョコレートのお菓子などで飾り付けをして。友達はすごく喜んでくれて嬉しかったです。

自分で作ったスイーツは格別。ちゃづも小さなころ、お母さんと一緒にクッキーやホットケーキを作ったことを楽しく思い出します。アイスクリームやフルーツをグラスに盛るだけでも立派なスイーツ。難しく考えず、いろいろとチャレンジしたいものですね♪「モコモコ みんなでパーティー プレーン」は、スポンジケーキがレンジで簡単にできちゃいます。簡単なのでお子様との初めてのケーキづくりにも最適ですよ。


やっぱり昔ながらのスイーツの味が一番

自然薯竹田や収穫農園 さん  40代 女性

大分県久住町という酪農の盛んな(牛馬優先道路まである)田舎で育った私の楽しみは、蒸かした芋をスライスして干して作った干し芋を、ストーブで焼いて食べること。結婚後移住した愛媛では、幻の蜜芋を黒砂糖で4時間煮詰め、3日間天日で干す「ひがしやま」の作り方を覚え、毎年作り続けています。今はお年寄りしか作れない「幻のレシピ」になりつつありますが、私が伝統を守ります!ソフトタイプで、めっちゃおいしいですよ。

もも さん  60代 男性

子供のころ母が一日かけて炊いた小豆で作ってくれたおはぎ。バットいっぱいできて、近所にもおすそ分けしたなあ。

ジャッキー・アップ さん 60代 男性

昔の大福餅は1日もたつとすぐに固くなってしまいます。それを七輪や炭火であぶると、表面が香ばしくなってとても美味しかったです。

ぷりんおばさん さん  50代 女性

幼いころ、何かのイベントがあるとき、祖母が必ず羊羹を手作りしていました。庭で大きな鍋で豆を煮、それを濾して寒天をいれ、とろとろになるまでかき混ぜ、ホーローの容器に流し込み、それが冷めると、ようやくおいしい羊羹のできあがり。庭中に甘ぁ~い匂いが広がり、楽しくてうれしくて幸せ感いっぱいになったものです。羊羹の種類はあずきだけでなく、いんげん豆、えんどう豆など。特に私はえんどう豆で作った羊羹が大好きでした。

まあちゃん さん  50代 女性

子供の頃は、バタークリームのケーキしか食べたことがなく、高校生ぐらいになり初めて生クリームのケーキを食べた驚き、こんなにおいしいケーキがあるんだとびっくりしたことが想いだされます。今になり日持ちのするバタークリームのケーキも食べたくなります。

ケーキやシュークリームもいいけれど、昔ながらのおやつは、どこかほっとしますよね。ちゃづも干し芋や芋けんぴ、かりんとうなどが大好き(^o^)。地域に伝わる昔ながらのレシピは、まさに宝物。「自然薯竹田や収穫農園さん」のように、レシピを継承することはとても大切ですね。永谷園の「田舎しるこ」は、温めるだけで簡単に食べられるおしるこ。食べたいときに、さっとでてきるので、おうちに常備しておくと重宝しますよ!


甘くはなかった!スイーツ作り

織田信奈 さん 40代 女性

シフォンケーキを作ったときです。オーブン内ではきれいにふくらんでいたのに、オーブンから出すと、あっという間にしぼみました。

あんこだいすき さん  60代 女性

シュークリームの皮を焼くとき、何度やってもふくらまず、卵、バターが切れてしまい大雨のなかスーパーへ走ったことがありました。

どんきちくん さん  60代 女性

学生の頃調理実習でシュークリームを作りました。オーブンを早く開けすぎたのかシューの皮がぺったんこ。カスタードクリームは上手く作れたのに残念!それ以来トラウマになってシュークリームは作れません。他のお菓子は何でも作れるんですけどね。

かるしゃ さん  40代 女性

8月生まれの息子の初めての誕生日、デコレーションケーキを、使っていない部屋のテーブルの上に置いていたら溶けてました・・・。我が家には冬生まれしかいないため、冬場は寒い使ってない部屋(外気温と変わらず・・・冷蔵庫よりも低い温度の時も)に置いていても大丈夫だったから・・・。生クリームが溶けるとは知らなかったんです・・・。

せっかく作ったスイーツが失敗作でがっかり、という経験をされた方は多いはず。スイーツ作りには失敗がつきものです。とくにシュークリームは曲者。全然膨らまなかったり、膨らんだと思ってもぺっしゃんこになったり・・・。だからこそ、うまくできたときの感動はひとしおです。めげずに再度トライ!


スイーツには思い出がいっぱい!

ちこ さん  20代 女性

一人暮らしをしていた時に、誕生日に贈られてきた母からのプレゼント。大きな缶を開けると、手作りのビッグサイズのクッキーが!そこには、誕生日おめでとうの文字が・・・見た瞬間に、嬉しくて泣いてしまいました。おまけにミニクッキーもたくさん入っていて、友達と一緒に食べました。もちろん、ビッグクッキーは独り占め!特別な味がしました。

ありんこ さん 20代  女性

お菓子大好きな私は、手作りお菓子をたくさん作ります。長男はとっても喜んで食べてくれるのですが長女2歳の反応はいまいち・・・。ケーキを作っても「おせんべい食べる~」とおせんべいに負けてしまいます。甘いものばかりでも困るのですが、ちょっと悲しい感じが・・・。私がお菓子大好きなので、一緒にケーキバイキングとか行ってくれたらな~と思ってます。

あんず さん  60代 女性

息子が初めてのアルバイト代でイチゴショートを買ってきてくれた時嬉しくてもったいなくて食べられなかった。

ふぅ さん  30代 女性

中学生の娘と時々スーパーでスイーツを買って夕飯前に食べてます。でも先日、旦那さんにバレてしまい問い詰められました。話し合いの結果、最終的に「次から買う時は旦那の分まで買う事」で解決しました。

まりっぺぽんさん  40代 男性

元々、スイーツにはほとんど興味がなかったんです。でも、20歳の時にケーキ屋で店員のバイトを初めてからスイーツの虜!売り物の味を覚える為に、新人の頃は毎日のように自社製品を試食させられました。あれがスイーツ道の始まりだったんですねぇ。

イルカおばさん 60代 女性

若いころ、安かったので、板チョコレートを買って、よく食べてました。

きいろいばんびさん 50代 女性

小さな頃、母が実家に帰るときに、乗り換えで名古屋駅で降りて百貨店の食堂にいき、冷やし中華とプリンアラモードを食べるのが、年1回の私の唯一の贅沢だったのを覚えています。

いかがでしたか?今回も楽しいエピソードがいっぱいでした。食べれば幸せな気分になるスイーツ。皆さまのエピソードにも、その楽しい思い出があふれていて、ちゃづもエピソードを読みながら幸せな気分になりました。
今回のエピソードの中で、「安かったので板チョコレートを食べていた」というご意見がありました。
確かにコンビニやスーパーに行けば、手頃な価格で手に入るチョコレート。一方、デパートには宝石のような箱に詰められた、高級なチョコレートも。そしてチョコレートが一番重要度を増すのがバレンタインデー。この時期スイーツの中で、チョコレートほど、その価値が上下する食べ物もないのでしょうか。
そこで次回は、「ドキドキ!バレンタインデーの思い出」を募集します。皆様のバレンタインデーにまつわるエピソードをお寄せください!

クリック ファンボイス