食の歳時記

春キャベツをつかった料理といえば?
結果発表
男の子1
投票:お好み焼き
柔らかくて甘くてシャキシャキの春キャベツをタップリ使った広島風のお好み焼きを家庭で作って食べます。
たっぷりのキャベツが主役のお好み焼き!ソースのコクの中にあっさり爽やかな風味がしておいしそうです!春キャベツなら柔らかくて、より食が進みそうですね。
女の子2
投票:その他
キャベツをざっくりちぎり、豚肉と交互に鍋に並べて、お酒をかけて蒸し煮にします。大根おろしとポン酢で美味しくいただきます。
シンプルで簡単だけれど、素材の味わいを活かした素敵な調理方法ですね。一玉ぺろっと完食できてしまいそうです…♪

「春キャベツ」の解説

秋に種をまき、春から初夏に収穫する「春キャベツ」は柔らかくて巻き方が緩く、水分を多く含み緑色が深いのが特徴。普段目にしている、夏に種をまいて冬に収穫するキャベツとは別の品種になります。
春キャベツもキャベツ同様、ビタミンCとUを多く含みます。ビタミンCは抗菌作用があり、風邪の予防や疲労回復、肌荒れに効果的。ビタミンUはキャベツから発見されたため「キャベジン」とも言われ、傷ついた胃腸の粘膜の修復を助け、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを予防・改善する働きがあると言われています。 柔らかく青臭さも少ない春キャベツは、サラダやさっと加熱してシャキッとした食感を楽しむのがおすすめ。熱に弱いビタミン類を効果的に摂取できます。煮込み料理も短時間で火が通り時短に。スープまでいただけば、溶け出した栄養素を余すことなく得られます。

PICK UP

今回の投票結果はかなりの接戦!「その他」に投票され、好きな調理方法を具体的にコメントをくださった方も多く、定番のおかず以外にもキャベツ料理の幅広さを感じさせる結果でした。今は春キャベツの季節ですが、キャベツは通年で手に入りやすい葉物野菜のひとつです。調理の応用も効くので、積極的におかずに取り入れたい具材ですね!また、そんなキャベツでおかずを作ったら、栄養面もお腹も満たされる汁物をプラスするのもおすすめ。フリーズドライブロックあさげシリーズは、様々な具材のお味噌汁を冷凍・乾燥させていて、お湯を注げばすぐに食べられます!和洋中どんな味にも合うのもうれしいポイント♪バラ売り・5個パック売りがありますので、お好みに合わせてお召し上がりください。