食の歳時記

毎年おせちはつくる?買う?
結果発表
男の子1
投票:買ってくる
夫婦二人だけの生活で食べる量も少ないので欲しい分だけ買います。
自分たちの生活スタイルに合わせて、おせち料理を楽しまれているのですね。これも賢いお正月の過ごし方のひとつですね!
女の子2
投票:できるだけつくる
購入したものは見た目が豪華でいいのですが、自分で選んだ食材や味はいいと思う。これがわが家の味になるのかなと思いながら作ってます。
自分で作ると、味や素材を好みにできるところが良いですね!
ご家庭の味を作っていく、というところも素敵です♪

「おせち料理」の解説

神様への感謝の念を込めてお供えしたお料理が起源のおせち料理。五穀豊穣、子孫繁栄、家族の安全と健康などの願いが一品ずつに込められています。また、神様にお供えしたお料理を人がいただくことで、その力やご利益を得ようという「神人共食」の意味もあります。伝統的なタイプや和洋折衷タイプ、有名レストランのお取り寄せなど現代のおせち料理の楽しみ方は様々ですが、お正月には専用のお箸があるのをご存知でしょうか? 「祝い箸」と呼ばれ、長さは縁起の良い末広がりの「八」にちなんで八寸(約24cm)。お祝いの席でお箸が折れると縁起が悪いため、丈夫でしなやかな柳の木でできています。最大の特徴は両端が細くなっていること。これは片方を人が食べるために使い、もう片方を神様が食べるために使うとされています。ただし、両方使えるからと言って箸の向きを変えて取り箸として使うことは避けましょう。

PICK UP

時代の流れに伴って、おせち料理のあり方も変化してきました。今回の投票でも、「旅行に行くので食べない」「好きなものだけ作る」「買った方がおいしいので買う」などのコメントをたくさんお寄せいただきました。皆様、伝統的なおせち料理の習慣を大切にしつつも、ご自分の今の生活スタイルに合った楽しみ方をされているようでした!
そんな食の多様化の中において、オススメしたいのが「お吸い物シリーズ」!シンプルで深い出汁の味わいが特徴のお吸い物ですが、実は「ちょい足し」や「アレンジ」にもうってつけなんです♪炊き込みご飯・パスタ・お鍋などなど…様々なお料理を簡単・美味しく仕上げることができます!この機会にぜひ、お吸い物をつかったレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。