食の歳時記

災害のときのための保存食は用意している?
結果発表
男の子1
投票:まだしていない
特別に災害時備えいろんな物を準備したいと思うのですがついつい先延ばしにしている。
必要だとはわかっていてもつい後回しになってしまいがちですよね。まずは簡単に手に入る水・食品から少しづつ用意してみてはいかがでしょうか??
女の子2
投票:もちろんしている
いざという時のために大事なことだと思います。電気・ガス・水道が使えなくても食べられるものをストックしています。
非常時は普段通りに調理ができるとは限りません。なるべく手間をかけず、すぐに食べられるものがあると安心ですね!

「防災の日」の解説

9月1日は「防災の日」です。1923年9月1日に発生した、10万人以上の死者・行方不明者を出した関東大震災をきっかけに、台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備する日として1960年に制定されました。また、防災の日を含む1週間が「防災週間」と定められています。防災訓練なども行われるこの機会に、保存食の期限が切れていないか、十分な内容がそろっているかどうかなどを確認しましょう。首相官邸が発表する「防災の手引き」によると、飲料水3日分(1人1日3リットルが目安)、非常食3日分の備えが必要です。さらに、大災害の場合には1週間分の備えが望ましいとされています。これらを持ち運びしやすいリュックなどに、トイレットペーパー、ろうそく、マッチなどの必要なものと併せてまとめておきましょう。

PICK UP

近年の防災意識の高まりを受けてか、「もちろんしている」に票が集まりました。自身が困った経験から、しっかり非常時の用意をしている、食品だけでなく常備薬・懐中電灯などの身の回りの品も一緒に保管している、というコメントが多数でした。一方「まだしていない」に投票した方も、ほとんどの方が用意したいとコメントをされていて、皆さん非常時の備えに積極的な印象でした。
非常食というと、何を用意すればいいかわからないと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時は、少ない材料で簡単に調理できるかどうかをポイントに選んでみてはいかがでしょうか。業務用災害備蓄用のフリーズドライご飯は、お湯で3分、水でも5分でできあがる便利な非常食です。水と一緒に持ち出し用リュックに入れておけば、いざという時にも安心ですよ。