食の歳時記

山登りやハイキングに行ったときのお楽しみは?
結果発表
男の子1
投票:自然の風景
都会に住んでいると、ともすれば忘れがちな自然のすばらしさ!心が癒されます。
ハイキングといえば、素晴らしい自然の景色ですね♪市街地で生活していると、きれいな自然の中にいるだけでもリフレッシュできますよね。
女の子2
投票:頂上で食べるごはん
頂上で食べると、風が気持ちよくて、達成感もあり、格別にお弁当が美味しいです。
達成感や程よい疲れが、最高の調味料になるからでしょうか?シンプルな味付けでも、とてもおいしいですよね。準備するときからわくわくしてしまいます!

「山の日」の解説

8月11日は「山の日」です。そもそも山の日がつくられることになったのは、1995年に制定された「海の日」がきっかけになったといわれています。日本山岳会などから「自然に親しむための祝日である「海の日」と同様に、山について考える日をつくろう」という声が上がり、2010年に「山の日」選定議員連盟が設立されました。そして「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨とし、2016年から国民の祝日に制定されたのです。この時期はちょうど、青々と草木が茂る夏山のシーズン。標高2000m以上の高山でも雪がなくなり、美しい風景が広がります。空気のきれいな山頂で、しっかり歩いた後のおいしい食事は最高!普段は登山などをし慣れない人でも、登山口から頂上までの標高差300m以下で設備の整った人気の山なら手軽に山登りを楽しめます。

PICK UP

「自然の風景」が全体の6割を占め最多でした。自然の風景に癒される・感動するというご意見から、たくさんの方々が運動に加えリフレッシュのためハイキングを楽しんでいることが感じられました。次いで多いのが「頂上で食べるごはん」!コメントでは「おにぎり」という単語が目立ちました。一生懸命歩いた後のおいしいおにぎりは、特に印象深い思い出として記憶に残るようですね。
おにぎりといえば、海苔を巻いたシンプルなものを想像しがちですが、見た目も味もバリエーションを広げやすい料理です。特に、ごはんに具を混ぜ込んでつくるおにぎりは、味の変化もでて見ためも華やぎます。「彩りごはん」シリーズなら、ごはんにさっと混ぜるだけで、簡単においしい混ぜ込みごはんが完成します!味に変化をつけたり、お弁当をカラフルにしてみたりと、食事をより楽しむための助っ人としておススメですよ。