食の歳時記

ちらし寿司はどんな時に食べる?
結果発表
男の子1
投票:とくに決まっていない
何か普段とは違った物を食べたい時に、一番簡単にできて美味しい「ちらし寿司」をつくることがよくあります。
手軽につくることができて美味しいちらし寿司は、お祝いの日だけではもったいない!いつでも好きな時に好きなだけ食べたいですよね♪
女の子1
女の子2
投票:お祝いやパーティの時
彩りもキレイで華やかになる し、いろんな具材のカットの仕方や盛り付けの仕方で美味しく楽しめるから!
華やかなちらし寿司は、お祝いやパーティの席にぴったりですよね♪具材の組み合わせ次第で、お子様向けならかわいらしく、大人向けならしっとりと、どんなお祝いの席も彩ってくれそうです。
女の子1

「ひな祭り」の解説

3月3日のひな祭りといえば、ひな人形や桃の花を飾って女の子の健やかな成長を祈る桃の節句の行事です。起源のひとつと言われるのが、古代中国で3月3日の上巳の日に川で身を清める風習が日本に伝わり、川に人形を流して穢れを払う「流し雛」。この流し雛が、京の貴族階級の間で行われていた「ひいな飾り」が結びついて、現在のひな祭りになりました。
お祝いの席では、子供の健やかな成長を願う桃(生命)・白(雪の純白)・緑(木の芽)3色のひなあられや、ぴったりと合う良い夫婦を表すはまぐりのお吸い物のほか、彩り豊かなちらし寿しが食べられます。ちらし寿しに主に使用される具材は、えび(長生き)・れんこん(見通しがきく)・豆(健康で豆に働く)などがありますが、ご家庭それぞれの縁起のいい食材を取り入れたオリジナルのレシピを作ってみるのも楽しそうですね。

PICK UP

ちらし寿司は、いつ食べるか「特に決まっていない」という回答が最多だったものの、コメントを見ると「特にいつと決めず食べている」という意見が多くみられました。手軽につくれて美味しく、しかも華やかなちらし寿司は、パーティやお祝いの席はもちろん、日ごろからシチュエーションを問わず幅広く食べられている定番メニューのようです。
このように皆さまに愛されている、ちらし寿司。永谷園では、普段のメニューなら「すし太郎 黒酢入り」、さっと準備したいときは「お茶碗でもすし太郎」、パーティやお祝いには「すし太郎 彩りちらし」の幅広いラインアップをご用意しています。いつでも、どんなときも手軽に美味しいちらし寿司を食卓に取り入れませんか。