食の歳時記

山菜の食べ方は何が好き?

受付期間:4月1日(月)AM11:00まで

「山菜」の解説

明治時代の医師で食育の元祖と言われる石塚左玄は、著書『食物養生法』の中で「春苦味 夏は酢の物 秋辛味 冬は油と合点して食え。」と述べています。日々を健康に過ごすために、四季ごとに何を食べるよう心がければよいのかを端的に表しています。
春の苦味の代表格と言えば山菜。新芽が出る春のエネルギーを感じさせてくれる苦味は身体にとって刺激となり、冬の間に縮こまっていた身体を目覚めさせ、活動的にしてくれます。山菜に豊富に含まれるポリフェノールやミネラルには強い抗酸化作用があり、新陳代謝を促進することで老廃物の排出を促すと言われています。人は長い歴史の中で、寒さを乗り越えるために冬に脂肪を蓄えるようになりました。冬が終わったら滋味深い山菜で、溜め込んだ脂肪や老廃物をデトックスしましょう。春に山菜を食べる習慣は、栄養学的にも理にかなった昔ながらの知恵なのです。

必須
 
任意

※全角200文字まで
 

※投票はお一人様1回となります。

※投票するには会員ログインが必要です。

投票結果はアンケート終了の翌月に発表いたします!

※投票時にリアルタイムの投票状況をチェックすることができます。

皆さまのご参加をお待ちしております♪