食の歳時記

賞味期限が切れた食品はどうする?

受付期間:5月1日(金)AM11:00まで

「アースデイ」の解説

4月22日はアースデイ。地球の環境について考える日として、さまざまなイベントが開かれています。私たちをとりまく問題は、気候変動やプラスチックゴミなどたくさんあります。なかでも、より身近なものが、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品ロスについてでしょう。平成28年度の日本では、年間2,759万トンの食べ残しが生まれ、そのうち、まだ食べられるものは643万トンもありました。食品ロスを防ぐには、食べ残しをなくす努力をはじめ、安全に食べられる期限の消費期限と、おいしく食べられる期限の賞味期限の違いを知っておくことも大切です。永谷園では、食品ロスを減らすために、賞味期限を延ばすための研究を重ねました。そして、2017年5月の生産分から、市販されている72品の賞味期限を、約3ヶ月~12ヶ月と延長しました。

必須
 
任意

※全角200文字まで
 

※投票はお一人様1回となります。

※投票するには会員ログインが必要です。

投票結果はアンケート終了の翌月に発表いたします!

※投票時にリアルタイムの投票状況をチェックすることができます。

皆さまのご参加をお待ちしております♪