食の歳時記

節分では豆を投げる役?投げられる役?

受付期間:3月1日(木)AM11:00まで

「節分」の解説

2月3日は節分です。節分はもともと、季節の移り変わる節目のことで、立春、立夏、立秋、立冬の前日に年4回ありました。しかし、日本では特に立秋を一年の始まりとして尊ばれていたため、特に春の節分が現在まで引き継がれているのです。
節分の代表的な行事といえば、「豆まき」がありますね。立春を一年の始まりである新年と考えれば、節分は大晦日にあたります。この日、平安時代の宮中では、旧年中の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」という行事を行っていました。これが室町時代以降に豆をまいて悪鬼を追い出す行事に発展し、だんだんと民間にも定着していったのです。豆は魔を滅する「魔滅(まめ)」に通じ、数え年の数だけ豆を食べると病気にならないと言われています。年の数の豆を食べて、元気な一年を過ごしましょう。

必須
 
任意

※全角200文字まで
 

※投票はお一人様1回となります。

※投票するには会員ログインが必要です。

投票結果はアンケート終了の翌月に発表いたします!

※投票時にリアルタイムの投票状況をチェックすることができます。

皆さまのご参加をお待ちしております♪