食の安全・環境活動 お客さまが安心して商品をお召し上がりいただけるように、食の安全と安心を提供し続けます。

抹茶(抹茶の官能評価)

伝統を引き継ぐ抹茶のこだわり
お茶づけの鮮やかな緑色は「抹茶」の色です。
永谷園の起源は、江戸時代中期に煎茶の製法を発明した永谷宗七郎(後の永谷宗円)にさかのぼります。
日本緑茶とは切っても切れない関係にある永谷園。今回は抹茶の購買担当者の声を紹介します。

日本茶葉の本場からお茶づけに合った抹茶を探す

60年以上親しまれている「お茶づけ海苔」ですが、お客さまから「お茶づけはお湯で食べるのかお茶で食べるのか」とよく尋ねられます。
「お茶づけ海苔」に入っている調味玉の緑色は「抹茶」の色です。
抹茶は国産の茶葉を使用し、お茶づけにした際に鮮やかな緑色で風味の良いものとなるような品質を選んでいます。
ですので、熱いお湯をお使いいただくと抹茶本来の風味がほどよく引き立ちます。お好みでお茶をかけていただいても結構ですが、ぜひ一度お湯をかけてご賞味いただくことをお勧めします。

抹茶は複数社から購入しており、製造メーカーによって品質が異なります。そのため、毎月各メーカーからサンプルを取り寄せて、科学的に品質を確認するほかに、購買担当者と品質管理担当者による官能検査(※)で使用可否を判定しています。
お茶づけに適した鮮やかな緑色で風味の良いものはどれか、機械で測定することもできますが、最終的には人の目と鼻と口とで確認するのが一番確実なのです。(※官能検査:人間の感覚(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚など)を用いて製品の品質を判定する検査。)

  • 抹茶を担当するようになってまだ1年目です。担当になった直後に生産農家にお邪魔して茶摘みをさせてもらいました。
    お茶は、品種、産地、製法によって多種多様な味わいがあります。抹茶も含めてお茶の世界は知れば知るほど奥が深いです。
    これからも抹茶について知識を深めていき、お茶づけの品質向上を目指して、永谷園の伝統を引き継いでいきたいと思っています。

    (購買担当)