中堅社員の座談会 今回は、勤続10年~17年程度の中堅社員の皆さんに現在の仕事について、また永谷園の職場環境について、率直に意見を交換してもらいました。

座談会のメンバー

  • 開発部門 安曇

    開発部門
    安曇
    2005年入社
    商学部

  • 開発部門 鶴巻

    開発部門
    鶴巻
    2004年入社
    獣医畜産学部

  • 営業部門 盛岡

    営業部門
    盛岡
    2006年入社
    政治経済学部

  • 営業部門 小暮

    営業部門
    小暮
    2006年入社
    人間文化研究科

  • 品質管理部門 一色

    品質管理部門
    一色
    2000年入社
    生物資源科学科

社風を知る

中堅社員の座談会

今までの社内歴、および仕事内容を教えてください。

入社して13年間、ずっと開発部門にいます。ウェット(「広東風かに玉」のようなレトルト商品)や、ドライ(「お茶づけ海苔」のような乾燥食品)の商品など、一通り経験しています。

私は品質管理部門から購買部門、さらに生産部門・開発部門へと4部門の異動を経験しています。
品質管理部門では外食店舗の衛生管理や外注工場の品質管理指導を行い、購買部門では原料の購買業務を担当し、生産部門では工場の生産管理を行いました。開発部門では、主にレトルト商品を担当してきましたが、最近ではみそ汁、お吸いもの商品を開発しています。

おそらく私は同期の中でいちばん異動回数が多いのではないでしょうか(笑)。
まずマーケティング部門に3年、研究部門に1年、営業として大阪支店に3年、広島支店に2年、そして本社に2年という配属です。点々とはしていますが、それぞれの業務は繋がっている部分もあるので、各部門で得た知識は役立っていますね。

私は入社してすぐに開発部門に配属され、そこで新商品の開発や既存商品のリニューアルを担当しました。次にマーケティング部門へ異動し、新商品の企画や既存品のリニューアル内容の検討などを行いました。
その後、産休・育休を取得し、現在は、自社ECブランド『かけるくらしby nagatanien』の商品企画などを担当しています。

私は入社してすぐに品質管理部門に配属となり、お客様からのお申し出の調査や集計などを行っていました。その後、生産部門に異動となり、スケジュール管理など上司のアシスタント業務や、原価試算業務を行い、そこで産休・育休に入りました。
産休・育休から戻ると、品質管理部門に異動となったため、再びお客様からのお申し出の調査や集計、上司のアシスタントなどの業務を行っています。

現在の仕事内容は?

直近だと「おとなのふりかけ うに風味」の開発を担当しましたね。

一度にどのくらいの商品を担当するんですか?

自分が担当している商品カテゴリー(お茶づけやみそ汁等)で、新規やリニューアルの商品がどれだけ出るかによっても違うのですが、半年の間に多いときだと3~4品、少ないときでは1品くらいです。

季節によって、どのカテゴリーの新商品やリニューアルが多いとか、変わってきますもんね。

うん、うん。

私はおみそ汁やお吸いものなど、永谷園の主力商品を担当しているんですが、誰もが知る商品に携わる事が出来るのでやりがいがあります。また、以前レトルト商品を担当していた時は、新しい商品の担当だったので、自分でイチから味作りができて、非常に楽しかったですね。

そうそう、味を決めるときに自分のカラーをちょっとだけ乗せたり(笑)。この仕事ならではの醍醐味ですよね。

私は自社ECブランド商品の企画全般を行っています。商品や味のコンセプト、商品名、パッケージデザイン・・・と様々な内容を決め、開発や生産等の他部門の担当者と一緒に商品を作り上げていきます。
同世代の女性をターゲットにしていることから、企画作りのときは、ファッション雑誌や話題になっているものから市場ニーズを研究したり、展示会や店舗に出向いて今のトレンドを知るようにしています。また、企画を担当している他部門の方々から情報をもらうというのも大切です。

私の所属する部門では「販売促進」に繋がるものならなんでもやります。例えば、商品を売り込むための企画作成や、新商品をアピールするための資料の作成、販促物やプロモーションの検討などなど。
その中で、什器が一体化した商品を作ったのは手応えがありました。決まった担当商品がある仕事ではないのですが、自分が手がけた販促物で商品の売れ行きが伸びるとやはり嬉しいですね。

今はお客様からのお申し出の調査・集計、商品の保管条件や生協向けデーターベースの情報登録、部長のアシスタント業務などを行っています。

品質管理部門はコストよりも質重視のイメージがありますよね。

そうですね。品質管理部門は安全安心を第一に品質を維持するのが役目なので、あまりにもコストを意識し過ぎてしまうと、それらが担保できなくなる可能性が出てきます。安全面に関する危機意識は、他の部門よりも高いと思います。

次のテーマへ

トップページへ戻る

エントリー受付中 リクナビ2020