お茶漬けの日記念! 作品テーマ「お茶づけのある風景」 社内フォトコンテスト結果発表 『5月17日 お茶漬けの日』を記念し、永谷園グループ社員によるフォトコンテストを実施しました。審査の結果選ばれた、入賞作品を紹介いたします。

「お腹に優しいお茶づけ」 銀座すし嘉 N・T

コメント
まもなく1歳半になる息子が、毎朝ママに「早く作って」と、お茶づけをねだる我が家のひとこまです。今度、永谷園の腹巻き作ってください。
審査員より
おねだりしている姿が伝わってきて、とてもかわいい一枚です。
本当に「お茶づけ作って!」というリアルな様子が伝わってきました。

グランプリ

「休日の朝食はやっぱりコレですな~」 永谷園 開発第二部 M・U

コメント
お茶づけ!2歳児でも作れちゃうので、母はラクです。
審査員より
小さいお子さんがお茶づけを食べる姿はこうなのだろうなと、実状がよく映し出されていた一枚でした。これからも末永くお茶づけを愛してくれるだろうな、と思い、選びました。

準グランプリ

「風を感じながら」 永谷園 総務部 Y・M

コメント
海辺での黄昏茶づけ。すっぱい思い出を、波が消し流してくれそうです。
審査員より
お茶碗やお箸の置き方一つとっても構図が良くとてもドラマを感じさせる一枚です。
背中から感じられる哀愁がとてもよく表現されていました。

審査員特別賞

「心にしみた味」 永谷園 商品企画部 K・H

コメント
電気が止まり、家族で囲んだ一つの灯り。
そして、カセットコンロでお湯を沸かして作った一杯のお茶づけ。

「ホッとする一日の始まり*」永谷園 販売戦略部 M・T

コメント
一日の始まりに食べたい、日本人で良かったなぁと思えるような朝ごはんを撮影しました。

シズル賞 おいしさ感がよく表現されている作品に与えられる賞です。※順不同

「お茶づけメン&ガールズ♪」永谷園本社 総務チーム

コメント
噂のお茶づけメン&ガールズが、新橋についにあらわる!ゲリラ的お茶づけ広報活動が流行っている?!

「ChoCho茶づけ!」 永谷園 フレッシュ娘

コメント
フレッシュな新入社員6人娘!お茶づけ大好き。食べること大好き。明るく楽しく頑張っていきます!!

チーム賞 チーム参加ならではの作品に与えられる賞です。※順不同

「お米のお供に。」 永谷園 品質管理部 T・K

コメント
お茶づけと言えば白米。ということで千葉県の大山千枚田(棚田)にてお茶づけ海苔と一緒に。

「食べちゃっていいのかなぁ~」 藤原製麺 総務部 H・Y

コメント
我が家の一員「ラルク」がお茶づけに興味津津。
食べてしまおうかと狙っている姿を撮ってみました。

企画賞 斬新なアイデアの作品に与えられる賞です。※順不同

「90歳☆長寿の秘訣」 永谷園 秘書室 N・H

コメント
祖父は本当によく食べます。先日旅先でも朝食からモリモリ、持参したお茶づけとともに!まだまだ長生きしてね☆

「93歳、元気の秘訣はお茶づけです」 銀座すし嘉 Y・M

コメント
御年93歳の祖母、長寿で元気の秘訣は毎朝のお茶づけかもしれません。

特別賞 長年にわたりお茶づけを愛してくださっている、お元気なご長寿の方々に感謝の意をこめて。※順不同

「ガンガン焼き茶づけ」

藤原製麺 品質管理部 H・M

コメント
旭川の居酒屋で特注のお茶づけを作りました。ベースはさけ茶づけです。ガンガン焼きを載せました。厚岸の漁師さんはガロン缶で採りたての牡蠣を焼くそうです。北海道ではガロン缶で焼くのでガンガン焼きと呼ばれてます。

「黄浦江畔(黄浦のほとりにて)」

上海麦好穂食品有限公司 L・Y

コメント
我正在享受来自永谷園的美味(ただ今、永谷園のおいしさを味わっています)

「秘書ひとすじ」

永谷園 秘書室チーム

コメント
お茶づけのように、永年皆様から愛される秘書を目指して、日々業務に励んでおります。

「我が家のお茶づけ」

サニーフーズ 栃木工場 Y・O

コメント
我が家で一番人気の「焼きおにぎり茶づけ」です!自家製の梅干しは、お茶づけで食べるのが一番美味しいんですよ!

「今日もこびとさん」

永谷園 販売戦略部 M・T

コメント
今日もかわいいこびとさんが、おいしさをお届けにまいります…。

「ふ茶づけ」

花笠食品 管理部 T・F

コメント
胡麻油で焼き香り付けした麩をメインに、さらに健康感アップのために、普茶料理の切り口を加えたお茶づけ。

「変わらぬ味」

ユニネット 事業管理部 M・K

コメント
お茶づけ海苔との出会いは、今から40年以上前の電子レンジのない時代。冷たいご飯にお湯を注ぐだけで美味しく食べた記憶があります。いつも変わらぬ味に感謝。

「はじめてのおちゃづけ」

永谷園 研究部 Y・O

コメント
小さいころから親しんでほしいなという思いと、仲間団らんの温かい食卓をミニチュアの世界で表現しました。

「お遍路」

永谷園 総務部 K・N

コメント
四国八十八ヵ所巡りの最後の場所で「おとなのお茶づけ」発見!不思議な縁を感じました。

「お茶づけスマイル」

永谷園 品質保証部 T・A

コメント
お茶づけを食べると言ったので、写真を撮らせてもらったら、とってもいい表情でした。

「好物なんです」

サニーフーズ 船橋工場 A・S

コメント
お茶づけと言ったら永谷園!これだけ親しみのある商品なら小さいおじさんも一度は食べているだろうと思って、夢のある一枚にしました。

「昼下がりの事情」

永谷園 秘書室 T・S

コメント
休日のランチは凝ったものはナシ!屋外で気軽に皆でいただくお茶づけは最高です!

「お茶づけピラミッド」

永谷園 総務部 Y・T

コメント
想像以上に道のりは長く、完成までなんと○時間(笑)お茶づけ海苔の味と同様、絶妙なバランスです!

佳作

  • 5月17日はお茶漬けの日
  • 永谷園のお茶づけ